ダーマペンはやめたほうがいい?やばいって本当?デメリットや対策を徹底解説|新宿の医療脱毛ヘラスクリニック

ダーマペンはやめたほうがいい?やばいって本当?デメリットや対策を徹底解説

ダーマペンはやめたほうがいいって聞くけど、本当なの?

ダーマペンがおすすめできない理由って何?

ダーマペンを検討している方の中には、本当に施術を受けても大丈夫なのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ダーマペンはやめたほうがいいと言われる理由とデメリットや対策を解説します。

併せて、ダーマペンで後悔しないクリニックの選び方とおすすめのクリニックも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ダーマペンで後悔しないためには、クリニック選びが重要です!デメリットを理解したうえで施術を受けましょう。

記事のまとめ

  • ダーマペンはデメリットを理解し、リスクに納得した上で施術を受けましょう
  • ダーマペンで後悔しないためには、「クリニック選び」が重要です
  • 安心してダーマペンを受けるならTCB東京中央美容外科がおすすめ

\痛みと施術時間が軽減されたダーマペン4が安い!/

TCB東京中央美容外科ダーマペン

ダーマペンはやめたほうがいいと言われる理由とは?デメリットを解説

ダーマペンをやめたほうがいい人理由

ダーマペンをやめたほうがいい理由を知るためにも、まずはデメリットを理解しておきましょう。

ダーマペンのデメリット

  • 肌をあえて傷つける施術のため刺激が強い
  • 痛みを感じるケースがある
  • 色素沈着が起こる可能性がある
  • ダウンタイムがある
  • ニキビが悪化し、クレーターになる可能性がある

それぞれのデメリットについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

肌をあえて傷つける施術のため刺激が強い

ダーマペンは、極細の針で肌に穴をあけ、自然治癒力による肌トラブル改善効果が期待できる治療です。

ダーマペンの仕組みと効果のイラスト 出典:銀座肌クリニック

 

肌をあえて針で傷つけるため、刺激を強く感じることがあります。
施術による刺激は、脂肪の量や骨格によっても大きく変わるので、個人差はあります。
しかし、ダーマペンの刺激の強さを知らずに施術を受けると、不安感を抱く原因にもなるので事前に理解しておきましょう。

刺激が強いので、肌が敏感な方は注意しましょう!

痛みを感じるケースがある

ダーマペンは、針で無数に穴をあける施術なので、痛みを感じるケースがあります。
痛みを最小限に抑えるため、極細の針と麻酔クリームを使用するので、耐えられないほどの痛みが出るケースは少ないです。
しかし、以下のようなケースは、痛みが感じやすくなる可能性があります。

痛みを感じやすいケース

  • 顔の脂肪が少なく、骨ばっている部位が多い
  • より高い効果を実感するために針を深く刺す
  • 事前に塗る麻酔クリームの効き目が甘かった

痛みの感じ方は人それぞれであり、体質や肌状態によっても違いますが、
基本的にダーマペンは痛みが伴う施術と覚えておきましょう。

ダーマペンの痛みは、麻酔クリームである程度は抑えられます。

色素沈着が起こる可能性がある

ダーマペンのデメリットには、針を刺すのが深すぎたり、施術後に紫外線を浴びたりする原因により、
色素沈着が起きる可能性があります。
施術後は肌がデリケートな状態であり、紫外線によるダメージを受けやすいので、紫外線対策をしっかり行いましょう。
また、色素沈着が心配な方は、針を刺す深さを浅くするように希望を伝えると、リスクを最小限に抑えられます。

針の深さを浅くすると効果が落ちる場合もあるので、施術担当者とよく相談して決めましょう!

ダウンタイムがある

ダーマペンは、肌の自然治癒力を高めるために肌を傷つけるので、ダウンタイムがあります。
ダウンタイムとは、腫れや赤みなどの症状が発生し、肌の状態が落ち着くまでの期間です。
ダーマペンのダウンタイムは、赤みが強く出やすいので、施術を受けるタイミングを考える必要があります。
特に人前に立つ仕事や人と接する予定がある方は、赤みが強く出ていると支障が出る場合もあるので、慎重にタイミングを検討しましょう。

ダーマペンはやめたほうがいいと言われる理由の1つに、ダウンタイムが挙げられます。

ニキビが悪化し、クレーターになる可能性がある

ダーマペンは、肌トラブルに有効な治療方法ですが、肌状態によっては悪化する可能性もあります。
炎症のあるニキビに針を刺してしまうと、菌が周囲に拡散してしまい、ニキビが悪化するので注意が必要です。
また、炎症が治まっていないニキビにダメージを加えてしまうと、最悪クレーターになってしまう可能性もあります。
そのため、炎症性のあるニキビが多い方は、肌治療を受けてからダーマペンを受けなくてはなりません。

肌状態によっては、ダーマペンで悪化する可能性もあるので覚えておきましょう!

ダーマペンで後悔・失敗するポイントとは?

ダーマペンで後悔・失敗するポイント
ダーマペンの施術を受ける前には、後悔・失敗するポイントを理解しておきましょう。
施術に失敗してしまうと、最悪の場合、ダーマペンを行う前の肌状態より悪化する可能性もあります。

後悔・失敗するポイント

  • セルフでダーマペンを行う
  • 複数回施術が受けられない人が受ける
  • 炎症箇所を施術し、さらに肌状態が悪化する

ダーマペンでの失敗を避けるためには、これからお伝えするポイントを守りましょう。

セルフダーマペンで自力で施術をすることは危険

本来ダーマペンは、針を刺す医療行為であるため、自力で行うセルフダーマペンは危険です。
自身で施術をするダーマペンでは、衛生面の管理や適切な技術での施術が困難なため、
肌状態を悪化させてしまうリスクがあります。
医療施設で行うダーマペンは、正しい知識・技術をもつ医師または看護師が担当するので、リスクを抑えての施術が可能です。
ダーマペンで失敗し後悔しないためにも、ダーマペンは医療資格が必要な施術であると認識しておきましょう。

自力で行うセルフダーマペンはリスクが高いので、医療資格をもつ職員が在籍する施設で施術を受けるようにしましょう。

複数回の施術が受けられない人は後悔する可能性も

ダーマペンは、1回の施術では効果を実感しづらいため、複数回の施術を受けられない方は後悔する可能性があります。
特にクレーターになっている方は、肌の真皮層までダメージを受けているので、複数回の施術が必要です
複数回施術を重ねていくと、ターンオーバーにより肌状態が徐々に改善し、満足のいく効果も期待できます。
もし、施術回数に関する心配を考えている方は、
事前のカウンセリングで医師に質問しておくと、安心して施術に臨めるでしょう。

医師に肌状態を診てもらい、ダーマペンが何回必要か確認しておきましょう!

傷や炎症しているニキビ、アレルギーなどがあると悪化する可能性も

ダーマペンの施術では、傷や炎症しているニキビがあると、肌状態を悪化させる可能性があるので注意しましょう。
ダーマペンは肌に負担がかかる施術なので、炎症している箇所にダメージを与えてしまうと、さらに肌状態が悪化します。
また、アトピーのようなアレルギー症状が出現している肌も注意が必要です。
特にアレルギー症状が強い箇所の施術は、さらに炎症を引き起こす可能性があるので、施術可能な状態か医師に確認しましょう。

ダーマペンで失敗しないためには、肌状態の見極めが重要なポイントです。

ダーマペンをやめたほうがいい人の特徴

ダーマペンをやめたほうがいい人の特徴

ダーマペンに向いていない方が施術を受けてしまうと、肌状態が悪化するリスクもあるので注意しましょう。

ダーマペンをやめたほうがいい人の特徴

  • 痛みに敏感な人
  • ニキビや炎症、金属アレルギーがある人
  • 即効性や劇的な効果を求める人

施術をやめたほうがいい人の特徴を1つずつ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

痛みに敏感な人

ダーマペンは、美容医療の中でも刺激の強い施術なので、痛みに敏感な方には向いていません。
極細の針を使用しますが、何度も針を刺し無数に穴をあけるので、痛みに敏感な方だと苦痛に感じてしまう可能性があります。
痛みを抑える麻酔クリームの使用も可能ですが、使用できる量には制限があるので、完全に痛みを消失させるのは不可能です。
ダーマペンの痛みが心配な方は、酸を使用して肌トラブル改善効果が期待できるケミカルピーリングもおすすめなので、視野にいれておきましょう。

カウンセリング時に痛みに敏感であると医師へ伝えておくと、施術時に配慮してくれます。

ニキビや炎症、金属アレルギーがある人

顔全体にニキビや傷がある方は、施術によって炎症が悪化する可能性があるので、ダーマペンは向いていないです。
また、ダーマペンは医療用ステンレス製の針を使用するので、金属アレルギーの方は施術できません。
金属アレルギーがある方が受けると、施術後の腫れや赤みが通常よりも強くでてしまうので、注意が必要です。
ニキビや金属アレルギーがある方でも、レーザーによる肌治療であれば施術を受けられるので、該当する方は医師に確認してみましょう。

炎症のあるニキビが多い方は、治療してからダーマペンを受けましょう。

即効性や劇的な効果を求める人

ダーマペンは自然治癒力を活性させ、肌トラブルを改善する治療なので、即効性や劇的な効果を求める方には向いていないです。
徐々に肌トラブルを改善するのを前提としているので、1回の施術では効果を得られません。
もし、即効性のあるニキビ治療を求めるなら、ニキビ自体を出来づらくする治療がおすすめです。
代表的な例であるアグネス治療は、高周波の照射により皮脂腺を破壊できるので、ニキビができにくい肌へ変化する効果が期待できます。

ダーマペンは、複数回の施術を前提とした施術と理解しておきましょう!

ダーマペンのメリットとは?向いている人を解説

ダーマペンのメリット

適切にダーマペンの施術を受けられれば、以下のようなメリットが得られます。

ダーマペンのメリット

  • ニキビやクレーターを治療できる
  • 肌質の改善効果が期待できる
  • 傷跡が残りにくい

それぞれのメリットと、ダーマペンでの治療が向いている方を解説するので、ぜひ参考にしてください。

ニキビやクレーターを治療できる

ダーマペンは、極細の針で肌にダメージを与え、ニキビ跡やクレーターを改善させる効果が期待できます。
針で傷ついた肌には、コラーゲンやエラスチンなどの美肌成分が生成されるので、炎症によって破壊された組織の修復が可能です。
通常のケアでは改善しないクレーターも、凹凸になった組織を再生させ、溝を薄くします。
徐々に症状の改善が期待できるので、ニキビ跡やクレーターにお悩みの方におすすめの治療方法です。

回数を重ねていくと、クレーターの溝が浅くなり、滑らかな皮膚に生まれ変わる効果が期待できます。

肌質の改善効果が期待できる

ダーマペンは、肌のターンオーバーを正常化させ、肌質の改善効果が期待できます。
肌のターンオーバーは、古い細胞を新しい細胞へ生まれ変わらせる働きがあるため、毛穴の開きや皮脂の詰まりにも有効といわれています。
また、ダーマペンはコラーゲンやエラスチンなどの美肌成分の生成を促進させるので、美肌効果も期待できます。
そのため、毛穴の開き、くすみなどの、肌質にお悩みの方におすすめの施術です。

年齢を重ねてターンオーバーが滞っている方にもおすすめです!

傷跡が残りにくい

ダーマペンは、極細の針を使用して施術を行うため、傷跡の残りにくさがメリットの1つです。
効果を期待する箇所に針で穴をあける施術ですが、傷跡は非常に小さいため、数時間も経つと自然に塞がります。
ダウンタイム期間は存在しますが、傷跡が残らないので、休暇期間を取れる方であれば挑戦しやすい施術です。
しかし、ダウンタイム中の過ごし方を間違えてしまうと、色素沈着や傷跡として残るリスクもあるので注意しましょう。

ダーマペン後の数日間は、家で安静にしておきましょう!

ダーマペンで後悔しない対処法とは?ダウンタイムとアフターケアを解説

ダーマペンで後悔しない対処法
ダーマペンのダウンタイム期間は、満足な効果を得るためにも重要なので、正しい知識を身につけましょう。

ダーマペンで後悔しないために必要な知識

  • ダーマペンのダウンタイムとは
  • ダーマペン後のアフターケアとは

ダウンタイムとアフターケアについて詳しく解説します。

ダーマペンのダウンタイムとは

ダーマペンのダウンタイムとは、施術の副作用症状がみられる期間を指しています。
個人差はありますが、通常ダーマペンのダウンタイム期間は、数日~1週間程度と言われており、以下のような症状がみられます。

ダーマペンのダウンタイム症状

  • 赤みやほてり
  • 痛みやヒリつき
  • かゆみ
  • 皮むけ

ダーマペンで後悔しないためには、ダウンタイム期間中の過ごし方が重要なので、正しい知識を身に着けておきましょう。

ダウンタイムの症状の強さは、一人ひとり違います。症状に応じて以下のアフターケアを試してみてください。

ダーマペン後のアフターケアとは

ダーマペン後の肌は敏感な状態なので、適切なアフターケアが重要です。
間違えたアフターケアを行うと、ダウンタイム期間が長引いたり、肌状態が悪化したりする可能性もあります
以下は、ダーマペン後のアフターケアで重要なポイントなので、参考にしてください。

ダーマペン後のアフターケア

  • メイクを控える
  • 保湿ケアと紫外線対策は必ず行う
  • 血行が良くなる行動は控える(入浴・運動・サウナ)
  • 洗顔時は強い刺激を加えない
  • 肌を摩擦しないように注意する

特に保湿ケアと紫外線対策は重要なポイントです。ダーマペン後の肌はデリケートな状態なので、怠ってしまうとシミや色素沈着が、定着してしまうリスクがあります。
シャワー後は忘れずに保湿ケアを行い、外出する際は日焼け止め塗布や帽子をかぶるように意識しましょう。

ダーマペンは、施術後のアフターケアが重要なポイントです。

本記事をご覧の方には下記の記事もおすすめです。↓

・ダーマペンがおすすめのクリニック12選!毛穴・ニキビ跡への効果とデメリットを紹介
・大阪のダーマぺンが上手いクリニックおすすめ人気ランキング TOP10|料金が安い皮膚科を厳選

ダーマペンで後悔しないクリニックの選び方

ダーマペンで後悔しないクリニックの選び方

ダーマペンで後悔しないためには、以下3つの方法が重要です。

クリニックの選び方

  • 丁寧にカウンセリングしてくれる
  • ダーマペンの施術実績が多い
  • 保証制度が充実している

それぞれのクリニック選びの方法について解説します。

丁寧にカウンセリングをしてくれる

ダーマペンで後悔しないためには、丁寧にカウンセリングをしてくれるクリニックを選びましょう。
カウンセリングは、期待する効果を得るためにも重要なポイントであり、カウンセリングが丁寧だと不安なく施術を受けられます。
ダーマペンは、単体より他の施術と組み合わせた方が、より効果的な結果が期待できます。
そのため、カウンセリング時に自身の肌状態に合わせた、おすすめの組み合わせ施術を聞いておくとよいでしょう。

他の施術と組み合わせると、幅広い肌の悩みに対応できます。

ダーマペンの施術実績が多い

ダーマペンは、失敗してしまうと色素沈着や傷として残るリスクもあるため、施術実績が多いクリニックを選びましょう。
施術実績が多いクリニックは、ダーマペンに関する知識や経験も豊富であるため、高い技術力が期待できます。
特に初めてダーマペンを受ける方は、心配や不安も大きいので、施術実績が多く信頼できるクリニックを選ぶと安心です。
また、施術実績と一緒に口コミや評判もみておくと、クリニックの雰囲気をイメージしやすいので不安なく通えるでしょう。

施術実績はクリニックのホームページで確認できます!

保証制度が充実している

ダーマペンを受けるときは、保証制度が充実しているクリニックを選びましょう。
仮にトラブルが起こった場合でも、保証制度があるクリニックであれば、追加の費用もかかりません。
保証制度が充実していると、初めてダーマペンを受ける方でも、安心して施術を受けられます。
肌トラブルが起きるのが心配な方は、カウンセリング時に保証制度がつくのか確認しておくとよいでしょう。

保証制度の内容によっては、ダーマペンの施術に適応されない場合もあるので、注意しましょう。

ダーマペンの施術がおすすめなクリニックTOP4

ダーマペンの施術がおすすめなクリニックTOP3

ダーマペンの施術がおすすめなクリニックを3院紹介します。

ご自身の条件に合うクリニックを見つけ、ぜひカウンセリングを申し込んでみましょう。

TCB東京中央美容外科

TCB東京中央美容外科 ダーマペン4の紹介画像

TCB東京中央美容外科のダーマペン料金表
施術メニュー 金額 特徴
ダーマペン4(1回) 19,800円(税込) ダーマペン4は、超極細針の速度と深さを調整できるので、痛みを大幅に軽減できます。
ヴェルベットスキン(1回) 24,800円(税込) ダーマペンとコラーゲンピールを組み合わせた施術メニューであり、美肌有効成分を皮膚の奥底まで届けるので、皮膚修復作用が期待できます。
フィガロ注射(1回) 30,400円(税込) 使用される「NCTF135HA+」は、従来のフィロルガ注射に比べ、より高濃度な成分が配合されています。

TCB東京中央美容外科は、新宿を拠点として全国に109院展開している、美容整形クリニックです。

初心者でも挑戦しやすいプチ整形メニューが豊富に用意されており、高品質で低価格な施術に定評があります。

また、経験豊富な医師も多く在籍しており保証や返金制度も充実しているので、ダーマペンが初めての方でも安心です。

ダーマペンを初挑戦の方でも通いやすいクリニックなので、ぜひ一度カウンセリングを受けてみましょう。

全国に展開しているクリニックなので、地方の方でも通いやすいのが魅力です。

\痛みと施術時間が軽減されたダーマペン4が安い!/

TCB東京中央美容外科ダーマペン

ヘラスクリニック

ヘラスクリニック ダーマペン

ヘラスクリニックのダーマペン料金表
施術メニュー 金額 特徴
ダーマペン4 8,800円
(税込)
※初回限定
諦めていた肌の悩みを改善したい人におすすめです。
ヴェルベットスキン(1回) 16,500円
(税込)
※初回限定
シワ・ハリ・美白にお悩みの方におすすめです。
スーパーベットスキン(1回) 19,800円(税込)
※初回限定
2つの施術の相乗効果で肌コンプレックスを解消したい人におすすめです。

ヘラスクリニックは、従来に比べ痛みを軽減した「ダーマペン治療」を実施しています。

スキンケアよりも短期間で肌質の改善が期待できるだけでなく、ダウンタイムも短いのでおすすめです。

特にしわ、たるみ、ニキビ痕、毛穴の開きなど、多様な肌の問題に効果が期待できるため、肌を根本から改善したい方はヘラスクリニックのダーマペン治療を受けてみてはいかがでしょうか。

初回料金は良心的なため、お試しでも受けてみる価値あり!

\ヘラスクリニックの公式サイトはこちら!/

エミナルクリニック

エミナルクリニックのダーマペンの画像

エミナルクリニックのダーマペン料金表
施術メニュー 金額 特徴
ハイラクティブ(1回) 19,000円(税込) 全ての肌質の方におすすめであり、特に乾燥肌・くすみ・ざらつきのある肌に有効です。
リジュビネーティング(1回) 28,000円(税込) ヒト由来の成長成分を浸透させ、若々しくハリのある肌に導く作用が期待できます。
ヴェルベットスキン(1回) 24,000円(税込) 美肌やエイジングケア効果を期待する方におすすめです。
ウーバーピール(1回) 28,800円(税込) 低刺激型のピーリング剤を使用するので、ピーリング初心
者の方でも挑戦しやすいメニューです。

エミナルクリニックは、「美容医療で患者様を笑顔に」をコンセプトに、全国60院展開している美容クリニックです。

医療脱毛やスキン治療を中心とした、美容医療メニューを取り扱っており、肌の悩みに合わせた治療が受けられます。

ダーマペンでも一人ひとりに合わせた薬剤を提案してくれるので、治療に関する知識が少ない方でも、不安なく施術が可能です。

施術後に鎮静パックや美容液が無料で付いてくるので、ダウンタイムが心配な方でも安心して通えます。

ダーマペンのメニューが豊富なので、自身の肌質に合わせて選択できます。

品川美容外科

品川スキンクリニックの紹介画像

品川美容外科のダーマペン料金表
施術メニュー 金額 特徴
ダーマペン4(ホホのみ) 16,200円(税込)※1 従来のダーマペンよりも深い針で、効率的に肌の奥底まで届くので、より高い美肌効果が期待できます。
ヴェルベットスキン
(全顔)
24,000円(税込) ダーマペンとヴェルベットスキンの組み合わせ治療により、相乗効果に期待できます。

 

品川美容外科は、384,000件(※2)の実績を誇り、全国に39院展開している美容整形クリニックです。

多種多様な美容医療メニューが用意されており、一人ひとりに合う施術を提案してくれるため人気があります。

経験豊富な医師が丁寧にカウンセリングを行うため、ダーマペンに不安や心配がある方でも安心して施術が可能です。

ダーマペンの治療では、多くのオプションの中から自身に合わせた薬剤を選択でき、幅広い肌の悩みに対応できるのが魅力です。※2 品川美容外科調べ(1989年1月~2022年6月時点の情報)

1回施術の価格がリーズナブルなので、初心者の方でも通いやすいです。

ダーマペンはやめたほうがいいに関連する質問

ダーマペンはやめたほうがいいに関連する質問

ダーマペンをやめたほうがいいと思う方に多い質問をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

やめたほうがいいに関連する質問

  • ダーマペンに後遺症はありますか?
  • ダーマペンで毛穴が悪化することはありますか?
  • ダーマペンをやめたほうがいい人は?
  • ダーマペンの失敗例は?
  • ダーマペンをやめると元に戻りますか?
  • ダーマペンがダメな理由は何ですか?

ダーマペンに後遺症はありますか?

ダーマペンは、正しい知識と技術で施術を行えば、後遺症が残ることはありません。
しかし、専門的な知識や技術がない方が施術を行うと、色素沈着や神経損傷を引き起こすリスクがあります。
そのため、後遺症のリスクを下げるためにも、信頼できるクリニックを選びましょう。

後遺症が残る可能性もあるので、セルフダーマペンはやめておきましょう。

ダーマペンで毛穴が悪化することはありますか?

本来ダーマペンは、肌のターンオーバーを促進させ、毛穴の開きを改善する効果が期待できる施術です。
しかし、施術後のアフターケアを適切に行わないと、毛穴が悪化する可能性もあります。
ダーマペン後に適切なアフターケアを行えば、基本的に毛穴が悪化するリスクは低いです。

ダーマペンによる毛穴の悪化を防ぐには、保湿ケアが重要です!

ダーマペンをやめた方がいい人は?

ダーマペンの施術をやめた方がいい人は、以下のとおりです。

ダーマペンをやめたほうがいい人

  • 日焼けで炎症している人
  • 炎症性ニキビが多発している人
  • 金属や麻酔アレルギーを持っている人
  • ケロイド体質の人
  • 妊娠中や授乳中の人
  • アートメイクを行った直後の人

上記に該当する方は、ダーマペンの施術ができないため、ぜひ参考にしてください。その他の理由で、ダーマペン治療を受けるのが心配な方は、カウンセリング時に医師へ確認しましょう。

ダーマペンで後悔しないためにも、条件に該当する方はやめておきましょう。

ダーマペンの失敗例は?

施術の失敗例では、自力で行うセルフダーマペンで肌状態が悪化してしまう場合が多いです。
専門知識がない方は、施術可能な肌状態であるか正しい判断が困難なため、ダーマペン後に悪化してしまうケースがあります。
失敗しないためには、医療資格のある専門的な知識を持つクリニックで、ダーマペンを受けるようにしましょう。

正しい知識と技術があるクリニックであれば、失敗する確率は下げられます。

ダーマペンはやめると元に戻りますか?

ダーマペン後は、ターンオーバーによって肌が生まれ変わるので、基本的には元の状態には戻りません。
しかし、肌状態が改善しても、その後のケア方法が間違っていると元に戻ってしまう可能性はあります。
ダーマペンで肌が改善した後も、適切なスキンケアや紫外線対策を行い、肌状態をキープするように意識しましょう。

ダーマペン後のケア方法は、クリニックに聞いておきましょう!

ダーマペンがダメな理由は何ですか?

ダーマペンだからダメという理由はありませんが、特徴や効果を理解せずに施術を受けると、後悔してしまう可能性が高いです。
メリットも大切ですが、デメリットもきちんと理解しておかなくては、期待した効果が得られずに失敗したと感じてしまいます。
ダーマペンのデメリットも理解した上で、自身が求める効果や肌状態が合っているのか、慎重に検討して決めましょう。

デメリットを正しく理解していれば、ダーマペンで失敗するリスクも抑えられます。