豊胸|新宿で医療脱毛・メンズ脱毛・脂肪吸引・ボトックス・豊胸ならヘラスクリニック

豊胸

豊胸

豊胸

「胸の形が気にくわない」「バストサイズにコンプレックスがある」など
豊胸をお考えの方もいらっしゃると思います。
豊胸といってもさまざまな種類があり、なりたい理想のバストによって、
選ぶ豊胸術は変わってきます。どれが自分に合うのかわからない、
どんな特徴があるのか知りたいという方も少なくないでしょう。

豊胸術にはどんな種類があるか?

豊胸術には3つの種類があります。
それぞれの概要や仕上がりの特徴、ダウンタイムやリスクなどについて詳しく説明していきます。

シリコン豊胸

シリコン豊胸とは、シリコン製のバッグを乳房に入れてバストアップさせる手術です。

シリコン豊胸の特徴

シリコン豊胸は大きさや形などさまざまな種類があり、複数回の手術をすることなく、希望の胸のサイズまで一気にサイズアップできるのが特徴です。
他の施術に比べてよりバストアップでき、最大で3~4カップほどアップできます。シリコンバッグは体に吸収されることがないため、効果が半永久的に持続します。
種類も豊富で、形はラウンド型(お椀のような形)や、アナトミカル型(しずくのような形)が一般的です。質感にも種類があり、スムース型(表面がつるつるしている)とテクスチャード型(表面がざらざらしている)があります。

シリコン豊胸の特徴
シリコン豊胸の仕上がり

シリコン豊胸の仕上がり

シリコンバッグの種類によって触り心地などに違いがあります。
またシリコンを挿入する部位によってシルエットや動き、やわらかさに差が出るので、どのような仕上がりにしたいか施術前に決めておくことが重要です。

ダウンタイム

シリコン豊胸手術は体にメスを入れる施術のため、他の豊胸術に比べてダウンタイムの期間が長めです。施術後1~2週間ほどは腫れや内出血がありますが、痛みは1週間程度で落ち着きます。
痛みは筋肉痛程度ですが、心配な方は担当の医師に相談し、痛み止めを処方してもらうのがおすすめです。

ダウンタイム

ヒアルロン酸注入豊胸術

ヒアルロン酸注入豊胸とはヒアルロン酸を胸に注入してバストのサイズアップさせる施術です。

ヒアルロン酸注入豊胸の特徴

ヒアルロン酸注入豊胸はメスを使わず注射のみで完結する施術のため、体に傷跡も残らず安心して受けることができます。また施術時間も両胸で10分~45分程度と短く、体への負担が少ないことも特徴のひとつです。
ヒアルロン酸自体はもともと人間の体にある成分です。拒絶反応やアレルギーが起きることが少ないのは安心できるポイントです。

ヒアルロン酸注入豊胸の特徴

脂肪注入豊胸

脂肪注入豊胸とは自分の体の脂肪が気になる部位から脂肪を吸引し、それを胸に注入してサイズアップさせる施術です。

脂肪注入豊胸の特徴

脂肪注入豊胸は脂肪を吸引し、バストの皮下に注入する施術です。自分の脂肪を使用するため、定着率が高くアレルギーや拒絶反応の心配もなく安心して受けられるのが特徴です。
また、脂肪は太ももやお腹などの部位から吸引するため、バストアップと合わせて気になる部分のサイズダウンも同時に叶う点が魅力です。人工物を体内に入れるわけではないので、身体の負担も少なくすみます。
細身の方や二の腕など、吸引できる脂肪が少ない場合は二部位からの採取となったり、受けられなかったりする可能性があります。個人差があるため、吸引する箇所については医師に相談しましょう。

脂肪注入豊胸の特徴