マウスピース矯正の9つの失敗例と失敗を回避する方法!クリニックの選び方まで解説| ヘラスクリニック

マウスピース矯正の9つの失敗例と失敗を回避する方法!クリニックの選び方まで解説

▶︎全国100以上の提携クリニックから選べる!実績も値段も好評なマウスピース矯正は「キレイライン矯正」!

マウスピース矯正で失敗したくない!

マウスピース矯正で失敗しないためにはどうすればいい?

といった悩みを持つ人も多いでしょう。

マウスピース矯正治療は歯並びや噛み合わせの改善ができるなどのメリットがありますが、治療後に自分の理想とはほど遠く、失敗している人がいることは事実です。

マウスピース矯正の治療は10万円~100万円以上かかるため、失敗したくないですよね?

そこで、今回はマウスピース矯正で失敗する原因や失敗を回避する方法などについて詳しく紹介していきます。

マウスピース矯正 失敗をまとめると

  • マウスピースで失敗する原因は装着時間を守らない、保定期間をサボる、通院しないなど
  • マウスピース矯正は保定期間を守らないと後戻りすることがある
  • マウスピース矯正は、装着時間を守れば取り外しができるストレスを抑えた治療方法
  • マウスピース矯正の治療期間は約1年~3年
  • マウスピース矯正で失敗したくないなら信頼できる歯科医師に相談するのが大切
  • キレイライン矯正なら信頼できる提携クリニックが充実

透明で目立たない!
ホワイトニングも同時にできるキレイライン矯正がおすすめ!

キレイライン矯正公式サイト
※1 2017年6⽉〜2022年11⽉の契約者様の合計数 ※2 デンタルローンを利用して7回コース(税込319,000円)を頭金なし・96回払いで支払う場合の手数料抜き・税別の分割支払金額です。 ※2 一部クリニックはローン非対応。 ※2 信販会社や手数料はクリニックにより異なります。 ※ ホワイトニング剤最低1本が料金に含まれています。 ※ アタッチメント(追加治療)との併用はできません。ホワイトニング剤の使用タイミングは歯科医師までご相談ください。

関連記事

マウスピース矯正でおすすめのクリニック!矯正の選び方や注意点についても解説
マウスピース矯正のメリットデメリット総まとめ!知っておくべき注意点も紹介

マウスピース矯正で失敗する原因と失敗例

マウスピース矯正失敗_原因と失敗例

まずは、マウスピース矯正で失敗する原因を紹介します。

マウスピース矯正の失敗例1.効果が感じられなかった

マウスピース矯正の治療をしても、効果が感じられなかったと感じる人がいるようです。

マウスピース矯正の治療で効果を感じられない一番の原因は、装着時間の不足です。

ワイヤー矯正の場合は一度装着すると、自分では取り外しができないため食事中も就寝中も常につけっぱなしで過ごすことになります。

ですが、マウスピース矯正は食事中に自分で外すことができ、違和感を感じた場合でもすぐに取り外すことができます。

これは、マウスピース矯正のメリットでもありますが、外したまま生活してしまったり、就寝中に外して寝たりしていると、装着時間が不足して効果を感じられないことが多いです。

マウスピース矯正は一般的に1日あたり20時間以上装着しなければいけません。

そのため、就寝中でもマウスピース矯正は着けたまま寝ることになります。

1日あたりの装着時間は20時間を下回ると歯に十分な力がかからずに理想の歯並びを手に入れることが難しくなります。

効果が得られずに治療期間が延びてしまうと、通院回数も増えて無駄なお金が発生してしまいますので、注意が必要です。

マウスピース矯正の失敗例2.矯正後に歯並びが元に戻った

マウスピースを装着して、治療後に自分の理想通りの歯並びになったとしても、その後に歯列が戻ってしまうこともあります。

マウスピース矯正の治療後は歯が動きやすい状態となっています。

そのため、治療が終わっても1年以上の保定期間が必要になり、リテーナーという保定装置をつけなければいけません。

保定期間は動かした歯を固定するための期間で、治療が終わったからといってリテーナーを付けずに過ごしてしまうと、すぐに元の歯列に戻ってしまうことが多いです。

歯が後戻りすると言っても、完全に矯正前の歯並びに戻ってしまうわけではありませんが、保定期間をサボると理想の歯並びを手に入れることが難しくなるため、注意が必要です。

マウスピース矯正の失敗例3.矯正後に歯並びが悪くなった

マウスピース矯正の治療後に、歯並びが悪くなってしまうケースもあります。

多くの場合、そもそも適応症例外の症例に対してマウスピース矯正で医療したことが原因です。

マウスピース矯正の治療は全ての症例に適応できるわけではありません。

例えば、抜歯が必要な症状の場合はマウスピースの使用が推奨されていません。

単純にガタガタの歯並びや出っ歯、受け口などの症例であれば該当しますが、重度の場合はマウスピース矯正が適さないこともあるため注意が必要です。

せっかく高いお金を払って歯並びが悪くなってはお金の無駄になってしまいますよね。

自分ではマウスピース矯正ができるかどうかを判断することは難しいため、経験、実績豊富な歯科医に相談してから治療を始めるようにしてください。

透明で目立たない!
ホワイトニングも同時にできるキレイライン矯正がおすすめ!

キレイライン矯正公式サイト
※1 2017年6⽉〜2022年11⽉の契約者様の合計数 ※2 デンタルローンを利用して7回コース(税込319,000円)を頭金なし・96回払いで支払う場合の手数料抜き・税別の分割支払金額です。 ※2 一部クリニックはローン非対応。 ※2 信販会社や手数料はクリニックにより異なります。 ※ ホワイトニング剤最低1本が料金に含まれています。 ※ アタッチメント(追加治療)との併用はできません。ホワイトニング剤の使用タイミングは歯科医師までご相談ください。

マウスピース矯正の失敗例4.矯正後に出っ歯になった

マウスピース矯正の治療後に、出っ歯になるケースもあるようです。

多くの場合は、抜歯の判断が不十分だったことが挙げられます。

歯列矯正は抜歯をする場合としない場合があります。

抜歯が必要なケースのまま歯抜かずにそのままマウスピース矯正の治療をしてしまうと、足りないスペースに無理やり歯を並べることになるため、出っ歯になる可能性があるのです。

これは、基本的にマウスピース矯正をする前に診療で歯を抜歯するべきか、そうでないかを歯科医師が判断します。

実際に歯を抜くのに抵抗がある人もいると思いますが、それでも歯並びを改善したい場合は別の矯正方法でアプローチしたほうが良いかもしれません。

マウスピース矯正の失敗例5.矯正後に顎関節に痛みを感じるようになった

マウスピース矯正の治療後に、顎関節に痛みを感じるようになった人もいるようです。

この大きな原因は、矯正で噛み合わせが不安定になったためです。

マウスピース矯正で歯列を整えることは可能ですが、見た目のデザインを重視したばかりに嚙み合わせが不安定になってしまうこともあります。

また、通常であれば歯並びが改善されれば噛み合わせも良くなりますが、歯科医の治療計画に問題があると噛み合わせが治療前よりも悪化してしまうのです。

そのため、治療前に仕上がりの部分でしっかりと意思疎通をとり、治療中のシミュレーションでは、矯正後の噛み合わせも考慮したうえで治療を進めることが大切です。

そのためには、腕のある歯科医に治療をしてもらうことが大切になりますので、歯科医選びも重要なポイントになります。

日本矯正歯科学会の認定医がいるかどうかは各クリニックの公式サイトに掲載されていることが多いので、一度確認してみてください。

マウスピース矯正の失敗例6.虫歯や歯周病になった

マウスピース矯正の治療中や治療後に、虫歯や歯周病になってしまうことはあります。

この原因は口内環境の悪化です。

マウスピース矯正は食事の際に簡単に取り外しができますが、食後の歯磨きを怠ると口内環境が悪化して虫歯や歯周病の原因となってしまいます。

通常であれば唾液や水分である程度の食べかすなどを洗い流すことができますが、食後にマウスピースで固定すると食べかすや歯石もそのまま固定されてしまいす。

この状態が続くと虫歯や歯周病になってしまう可能性が高いため、注意が必要です。

どんなに丁寧に歯磨きをしても、洗浄されていないマウスピースを装着すると菌の増殖に繋がりますので、気を付けましょう。

マウスピース矯正の失敗例7.治療後に知覚過敏になった

マウスピース矯正の治療後に、知覚過敏になったという人もいるようです。

知覚過敏は、冷たい食べ物や飲み物が触れた時に痛みを感じる症状です。

マウスピース矯正の治療をするために歯を削ってエナメル質の内側の象牙質が露出すると、知覚過敏になりやすくなります。

日本人は歯のエナメル質が薄い傾向にあるため、歯科医の技術や経験次第で治療後に知覚過敏になってしまうこともあるため、技術や実績が豊富な歯科医による治療を受けることが大切です。

少しでもリスクがある場合は、マウスピース矯正ではなく他の矯正方法に変えてみても良いかもしれません。

マウスピース矯正の失敗例8.歯茎が露出して老けてみえるようになった

マウスピース矯正の治療後は歯茎が露出して老けてみえるようになることもあります。

マウスピース矯正の治療が終わると、歯並びが良くなっても歯茎が下がって歯根が露出してしまうケースもあります。

場合によっては歯と歯の間に三角形の隙間ができることもあるのです。

マウスピース矯正では歯並びを治すために力をかけ続けて歯を正しい位置に移動させるため、強い力をかけすぎると骨の再生が間に合わずに結果として歯茎が下がり老けてみえてしまいます。

マウスピース矯正の失敗例9.想定よりも治療に時間がかかった

マウスピース矯正は自分が想定していたよりも治療時間がかかり、後悔している人もいます。

マウスピース矯正は一般的に1年~3年程度の治療期間がかかり、治療後も最低1年間は保定期間が必要になります。

また、治療中に虫歯や歯周病になるとこれらの治療が優先されるため、矯正期間が延びてしまうのです。

さらに、なかなか予約が取れずに通院できなかったり、仕事や家事、育児が忙しくて通院できない場合も治療期間が延びてしまうこともあるため注意してください。

マウスピース矯正で失敗を回避する方法

マウスピース矯正失敗_失敗を回避する方法

続いて、マウスピース矯正で失敗を回避する方法を紹介します。

マウスピース矯正で失敗を回避する方法1.信頼できる歯科医師に相談する

マウスピース矯正を始める時は、自分が信頼できる歯科医師を選ぶことが大切です。

なぜなら、自分の理想の歯並びや仕上がりを手に入れるためには、歯科医師の高度な技術と知識が欠かせないからです。

例えば、抜歯するかしないかの選択でも、噛み合わせを調整するには患者の歯をよく観察して、CT検査などの検査も用いて細かく治療計画を立てる必要があります。

マウスピース矯正は患者一人ひとりの症例に合わせて設計され、歯科医師の指示のもと歯科技工士が調整することもあります。

この時点でマウスピースの形が少しずれるだけでも仕上がりに大きな変化が出るため歯科医の技術や知識は必須です。

また、マウスピース矯正の治療には専門的な資格等はなく、一般的な歯科医院で治療をすることができてしまいます。

この結果として、専門性が不足してると矯正後の仕上がりに納得できずにトラブルになる可能性もあるため注意が必要です。

マウスピース矯正で失敗を回避する方法2.自分の症状と適切な治療方法を把握しておく

マウスピース矯正の治療を始める時は、自分の症状と適切な治療方法を把握しておくことが大切です。

もちろん、何も知識がない状態でもカウンセリング時に丁寧に説明してくれますが、知識があるのとないのとでは大きな差が出てきます。

矯正に関する知識を持っておくことで、信頼できる歯科医を正しく見極めることもできますので、事前に把握しておくことは重要です。

マウスピース矯正に関する知識はもちろんですが、ワイヤー矯正と裏側矯正のメリットデメリット、費用くらいは把握しておくと良いでしょう。

自分の知識とカウンセリング時の歯科医の説明などを比較したうえで、自分が信頼できる歯科医を選ぶことが大切です。

マウスピース矯正で失敗を回避する方法3.装着期間をしっかり守る

マウスピース矯正で失敗しないためには、マウスピースの装着期間をしっかり守ることが大切です。

当たり前に感じる人も多いと思いますが、実際にマウスピースを付けてみると、違和感を感じたり、食事の時にマウスピースを外したまま過ごしてしまうケースはよくあります。

マウスピースは一般的に1日あたり20時間程度装着しなけれな効果が薄まってしまうため、装着期間をしっかり守るようにしてください。

矯正開始から治療の終了までにかかる期間は長いため、マウスピースを装着することを習慣付けるのは難しいかとは思いますが、初めのうちは意識して装着時間を確保するようにしましょう。

ただし、無理に20時間以上マウスピースを装着しようとした結果、矯正自体にストレスを感じてしまったり、最悪の場合途中で治療をやめてしまう場合もあります。

そのため、ストレスが溜まるようであれば歯科医に相談するようにしてください。

マウスピース矯正で失敗を回避する方法4.保定期間もサボらない

マウスピース矯正で失敗しないためには、保定期間もサボらないようにしましょう。

マウスピース矯正の治療が終了しても、動かした歯を固定するために保定期間が必要になります。

保定期間にリテーナーの装着をサボってしまうと、せっかく動かした歯が後戻りし、歯並びが悪くなってしまうこともあるため気を付けてください。

実際にマウスピース矯正の治療が終わると、開放感やキレイになった歯並びを見てリテーナーの装着を怠る人は多いです。

しかし、リテーナーの装着を怠ると高い費用と長い時間が無駄になってしまい、矯正終了にとなることもあるため治療が終わってもリテーナーの装着は怠らないように徹底しましょう。

マウスピース矯正で失敗を回避する方法5.通院はサボらずに経過観察をする

マウスピース矯正の治療中は月1程度の頻度で頻繁に通院する必要があります。

通院せずにサボってしまうと、現在の状況に合わせた適切な処置ができずに、治療期間が長くなってしまうこともあります。

また、マウスピース矯正の治療中は虫歯や歯周病にもなりやすく、そのまま放置していると悪化してマウスピース矯正の治療を中断せざるを得ない状況になることも多いです。

そのため、マウスピース矯正の治療中は通院はサボらずにしっかりと経過観察をして、治療を進めていきましょう。

経過観察で、実際に歯が動いているのが分かると、マウスピース矯正の治療のモチベーションが上がることにも期待ができるでしょう。

▶︎全国100以上の提携クリニックから選べる!実績も値段も好評なマウスピース矯正は「キレイライン矯正」!

マウスピース矯正で失敗を回避する方法6.マウスピースの手入れを欠かさない

マウスピース矯正の治療中はマウスピースの手入れを欠かさないようにしましょう。

1日20時間以上装着するマウスピースに菌が付着していると、そこからどんどん菌が増殖して虫歯や歯周病の原因となってしまいます。

洗浄やクリーニングなどの手入れを欠かしてしまうと、悪臭や口臭、口内環境の悪化のもとになってしまうため常にキレイな状態を保つようにしてください。

基本的なマウスピースの手入れ方法は、歯ブラシで磨くだけでOKです。

また、クリニックによっては専用のクリーニング剤を販売しているところもありますので、一度確認しておくのもおすすめです。

マウスピース矯正で失敗を回避する方法7.歯磨きの習慣を付ける

マウスピース矯正で失敗しないためには、歯磨きの習慣を付けることが大切です。

マウスピース矯正をしていると、ついつい歯磨きを忘れてしまうこともあります。

マウスピース矯正をしていることで、歯がキレイになると思い込んでいる人もいますが、歯磨きをしないと口内環境はどんどん悪化してしまうため歯磨きの習慣を付けることが大切です。

口内環境が悪化して虫歯や歯周病になると、矯正を中断し、矯正計画が大きく崩れてしまう可能性もあるため注意してください。

特に、食後にマウスピースを装着し直す前に歯磨きを徹底することを習慣付けましょう。

マウスピース矯正で失敗を回避する方法8.治療期間を短縮しようとしない

マウスピース矯正をする時は、治療期間を短縮しようとしてはいけません。

無理に期間を短縮しようとすると、逆にマウスピース矯正の効果が得られなくなったり、逆に歯並びが悪化してしまうこともあります。

マウスピース矯正の期間を短縮できる光加速治療装置というオプションもありますが、個人の判断で無理に治療期間を短縮させる行為は避けてください。

また、一部の患者の中には治療期間を短縮しようとしてマウスピース交換のサイクルを短縮してしまう人もあります。

こちらも同様にマウスピース矯正の効果が得られないこともあるため注意が必要です。

個人の判断で治療を進めるのではなく、必ず歯科医師の診療のもと治療を進めてください。

マウスピース矯正で失敗を回避する方法9.抜歯やIPRの必要性を再度確認する

マウスピース矯正をする時、抜歯やIPRは治療方針の重要なポイントであるため、、必ず歯科医に確認するようにしてください。

IPRとは

「IPR(アイピーアール)」は「InterProximal(隣接歯間の) Reduction(削合)」の略で、主に歯と歯の間を削る処置のことです。

出典:ピュアリオ歯科

抜歯やIPRを失敗すると歯が折れ込んでしまったり、歯を必要以上に削りすぎてしまい矯正終了までの期間が延びることもあるため注意してください。

豊富な実績と経験を持つ歯科医であれば、抜歯はIRPの必要性、デメリットについて納得いくように説明してくれるので、一度相談してみることもおすすめです。

マウスピース矯正で失敗を回避する方法10.違和感を感じたらすぐに歯科医に相談する

マウスピース治療中に少しでも違和感を感じるようであれば、すぐに歯科医に相談するようにしてください。

特に、新しいマウスピースに交換する時に違和感や痛みが生じることがあります。

そのまま放置してしまうと、変な形に変形してしまったり、希望通りの歯並びに整えることができない恐れもありますので、少しでも違和感を感じたら気軽に歯科医に相談するようにしてください。

▶︎全国100以上の提携クリニックから選べる!実績も値段も好評なマウスピース矯正は「キレイライン矯正」!

マウスピース矯正はどこでやってもいいわけではない

マウスピース矯正 失敗

マウスピース矯正ができる歯科医院やクリニックは多いですが、どこで治療を受けてもいいわけではありません。

マウスピース矯正の治療には資格等は必要なく、一般歯科でも治療を行うことができます。

もちろん、一般歯科で治療を受けても良いですが、専門的な知識や技術を持つ歯科医師がいないと自分の納得いく仕上がりにならずに失敗してしまうリスクが高いです。

マウスピース矯正やインビザライン矯正の治療において、専門的な知識は必須です。

そのため、マウスピース矯正の治療をする時は、専門的な知識と実績を持つ歯科医が在籍しているクリニックを選んで比較することが重要なポイントです。

中でも、「日本矯正歯科学会」の認定医は他の資格と比べて基準が厳しいとされているため、矯正に関する知識や実績が十分であることの証明でもあります。

認定医が在籍しているクリニックでは、難しい症例に対応できたり、質の高い治療を受けられるなどのメリットもあります。

▶︎全国100以上の提携クリニックから選べる!実績も値段も好評なマウスピース矯正は「キレイライン矯正」!

マウスピース矯正の値段がリーズナブルなおすすめのクリニック・ブランド

マウスピース矯正失敗_おすすめクリニック

ここでは、マウスピース矯正で値段がリーズナブルなおすすめのクリニック・ブランドを紹介します。

キレイライン矯正

キレイライン矯正
※1 2017年6⽉〜2022年11⽉の契約者様の合計数
※2 デンタルローンを利用して7回コース(税込319,000円)を頭金なし・96回払いで支払う場合の手数料抜き・税別の分割支払金額です。
※2 一部クリニックはローン非対応。
※2 信販会社や手数料はクリニックにより異なります。

キレイライン矯正は初回2万2,000円(税込)からマウスピース矯正を始めることができ、最短4か月(※1)の透明で目立たない取り外しができる(※2)歯科矯正ブランドです。

※1) 治療期間には個人差があります。保定期間は含みません。キレイライン矯正に限らず、すべての矯正歯科治療において、治療終了後は後戻りを防ぐため保定期間が必要です。
※2) 1日20時間以上の装着が必要です。

累計患者対応11万人※を突破しており、これまでに多数の実績を持つ有名なマウスピース矯正ブランドです。※2017年6⽉〜2022年11⽉の契約者様の合計数

テレビCMやインスタグラマーなどが紹介しているブランドで、治療体験全体の満足度は約90%※と非常に高く、信頼できるマウスピース矯正ブランドと言えるでしょう。

※キレイライン矯正の治療体験全体の満足度について「非常に満足」「満足」「不満がある」「非常に不満がある」のうち、「非常に満足」「満足」が87.1%
※調査概要 調査委託先:マクロミル 回答者:キレイライン矯正経験者 10〜40 代の男女 631名 調査期間 :2022年2月14日〜2月17日 調査手法:インターネット調査

対応可能な歯並びのタイプもさまざまで「続けられるか心配・・・」「失敗したくない」と思っている人は、まずはお試しから治療を始めることもできます。

また、経験豊富なドクターが多数在籍しており、オーダーメイドで製作するマウスピースは、国家資格を持つ歯科技工士が歯科医師の指示のもとデザインしている点も特徴です。

治療中にトラブルが起きてしまった時でも専門のサポートチームと連携し、いつでも相談ができる環境が整っています。

料金 初回:22,000円
2回目以降:55,000円
※保険適用外の自由診療となります。
その他の費用 初回検診料:3,300円~※
※金額はクリニックにより異なります。クリニックまでご確認ください。予約画面からご確認ください。
再診料:3,300円程度※
※金額はクリニックにより異なります。クリニックまでご確認ください。
拡大床※:44,000円(片顎)
マウスピース型リテーナー再製作費用:6,600円~(片顎)
リテーナー:22,000円~66,000円
※追加治療(拡大床、IPR、アタッチメントなど)はキレイライン矯正の一環ではなく、患者様のご要望や症状により歯科医師の判断のもと行われる「クリニックによる追加治療」です。詳細は、提携クリニックに直接ご確認ください。
治療方法 マウスピース矯正
対応歯並び 出っ歯(上顎前突)、すきっ歯(空隙歯列弓)、八重歯(上下)、中心がずれている、噛み合わせが深い、前歯が閉じない、受け口、ガタガタした歯並び(叢生)
※上記の歯並びであっても適応外となることがあります。
※受け口の症状が強いと適応にならない場合があります。
※骨格性の開咬の場合は、治療適応外となります。
※中心がずれている症状が強い場合は適応にならない場合があります。
※骨格的な問題がなくても、お口の中の状態によっては「中心のずれ」を治すことは難しい場合があります。「中心のずれ」にはさまざまな原因があり、ワイヤー矯正など他の矯正治療においても一般的にその修正は困難な場合があります。
営業時間 クリニックによって異なる
アクセス 全国100院以上
※2024年5月現在(最新の提携院情報は予約フォームよりご確認ください

透明で目立たない!
ホワイトニングも同時にできるキレイライン矯正がおすすめ!

キレイライン矯正公式サイト
※1 2017年6⽉〜2022年11⽉の契約者様の合計数 ※2 デンタルローンを利用して7回コース(税込319,000円)を頭金なし・96回払いで支払う場合の手数料抜き・税別の分割支払金額です。 ※2 一部クリニックはローン非対応。 ※2 信販会社や手数料はクリニックにより異なります。 ※ ホワイトニング剤最低1本が料金に含まれています。 ※ アタッチメント(追加治療)との併用はできません。ホワイトニング剤の使用タイミングは歯科医師までご相談ください。

ゼニュム

マウスピース矯正 失敗_ゼニュム

ゼニュムは2018年にシンガポールで設立された透明のマウスピースブランドです。

オンライン相談で無料診断をすることができ、診断結果を確認してからクリニックに行くことができるためマウスピース矯正をしようか迷っている人にもおすすめです。

また、治療結果に満足しなかった場合は再診と追加のマウスピースを無料で受けることができるため安心できます。

無駄な費用や面倒な手続きは一切ありませんので、まずは気軽に無料診断を始めてみてはいかがでしょうか。

料金
その他の費用
治療方法 マウスピース矯正
対応歯並び 出っ歯(上顎前突)、すきっ歯(空隙歯列弓)、八重歯(上下)、中心がずれている噛み合わせが深い、前歯が閉じない、受け口、クロスバイト(交叉咬合)、ガタガタした歯並び(叢生)
営業時間
アクセス
公式サイト 詳細はこちら

Zenyum-公式オンライン予約

オンライン無料診断あり!通院回数は最小2回*!

ゼニュム公式
*精密検査1回、IPR1回(フィッティング時のみ)アタッチメントなしの場合

hanaravi

マウスピース矯正 失敗

hanaraviのおすすめポイント

  • 月々4,700円~でマウスピース矯正ができ、追加料金ナシ
  • 万が一効果が無い場合は全額返金保証も
  • 通院いらずでマウスピースが自宅に届く

hanaraviは矯正中に毎回通院しなくてもOKなマウスピース矯正。

マウスピースが自宅に配送され、経過観察をスマホでクリニックに送るだけで通院の手間を省くことができます。

もちろん利便性の高さだけでなく矯正技術も好評なクリニックで、メディアにも多数紹介されています。

費用面も手ごろで、初回のカウンセリング時にどのように矯正していくか、総額いくらなのかも明確になるので安心して治療が受けられます。

総評して、通院する時間の確保が難しい方には特におすすめできるマウスピース矯正です。

hanaravi矯正公式サイト

WE SMILE(ウィ・スマイル)

マウスピース矯正 失敗_WESMILE

WE SMILEのおすすめポイント

  • 毎月の調整料金0円
  • 透明で目立たないマウスピースでつけやすい
  • 4回コースなら月額1,760円~で治療できる

WE SMILE(ウィ・スマイル)は目立たない透明のマウスピースを用いた歯列矯正クリニックです。

世界No.1シェアのインビザラインと世界No.2シェアのクリアコレクトのマウスピースを使用するので高品質。

1回お試しプランなら1,650円から試せますし、4回コースも1,760円~で治療を受けられるので試しやすいのも嬉しいポイントです。

もちろん取り外し可能なマウスピースなので大事なタイミングで見た目を気にする必要もありません。

色々と相談もできますので、まずは気軽に初回検診してみてはいかがでしょうか。

ホワイトライン

マウスピース矯正 失敗_ホワイトライン

ホワイトラインのおすすめポイント

  • 完全国内生産の高品質なマウスピースで矯正できる
  • お試しの利用ができる
  • 月額3,000円〜マウスピース矯正ができる

より早く、より良い品質で、より安くを実現したのがホワイトラインです。

それでいて、マウスピースは完全国内生産となっており、安心して矯正することが可能です。

やはり、口に長い間入れておくものです。

国内生産の安心感は、品質面だけでなく衛生面でも安心材料と言えるでしょう。

また、費用面でも、デンタルローンをご利用で月額3000円〜マウスピース矯正を始めることができるのも、おすすめのポイントです。

 

マウスピース矯正ローコスト

マウスピース矯正 失敗

マウスピース矯正ローコストはお試し2万円から歯科矯正が始められるクリニックです。

透明なマウスピースをつけるだけで最短3ヶ月で理想の歯並びに近づけます。

月々3,000円からの定額で治療を進めることができ、部分矯正に強いマウスピース矯正です。

前歯上下各6本〜対応でき、施術する歯の本数が少ないため低価格・短期間で提供しています。

マウスピース矯正ローコストでは、他社と比べて、1ステップあたりの移動量を少し抑えているため痛みが少なく、続けやすいと好評を得ています。

また、全国に300院以上の提携しかクリニックがあるため治療中に万が一引越しや転勤などでクリニックに通えなくなった場合でも全国の歯科クリニックで治療を続けることができるため安心です。

監修医である湊 寛明先生はマウスピース矯正症例実績810件以上あり、実際のあるドクターが在籍している点も魅力です。

料金 初回:22,000円
2回目以降:44,000円
※目安総額:約22~4万円
その他の費用 初回検診料:3,850円~
リテーナー:22,000円
再診料:3,850円程度
マウスピース再制作費用:5,500円
治療方法 マウスピース矯正
対応歯並び 出っ歯(上顎前突)、すきっ歯(空隙歯列弓)、八重歯(上下)、中心がずれている噛み合わせが深い、前歯が閉じない、受け口、クロスバイト(交叉咬合)、ガタガタした歯並び(叢生)
営業時間 店舗によって異なる
アクセス 全国250医院超えの提携クリニック
公式サイト 詳細はこちら

東京プラス歯科 矯正歯科 池袋

マウスピース矯正 失敗

東京プラス歯科 矯正歯科 池袋はマウスピース矯正や白い歯、インプラントや一般的な歯科治療など、幅広い施術に対応しているクリニックです。

マウスピース矯正を希望している患者は月に3,000名以上、年間来院者数27万名を突破している日本最大級のマウスピース矯正・白い歯専門院です。

公式サイトでは実際の症例写真を複数確認することができ、治療後のイメージが付きやすいため前向きに歯列矯正の治療を進めることができます。

また、最先端のマウスピース矯正とマウスピース型カスタムメイド矯正の2つのマウスピース矯正を提供しており、自分に合った治療でマウスピース矯正を進めることもできる魅力的なクリニックです。

料金 ホワイトライン4回:176,000円(税込)
ホワイトライン7回:319,000円(税込)
ホワイトライン10回:462,000円(税込)
インビザライン無制限:880,000円(税込)
その他の費用
治療方法 マウスピース矯正、インプラント
対応歯並び 出っ歯(上顎前突)、すきっ歯(空隙歯列弓)、八重歯(上下)、中心がずれている噛み合わせが深い、前歯が閉じない、受け口、クロスバイト(交叉咬合)、ガタガタした歯並び(叢生)
営業時間 平日:10:00-12:30 / 14:30-19:00
土曜:09:00-12:30 / 14:30-16:00
休診:水曜・日曜・祝日
アクセス 〒171-0021
東京都豊島区西池袋3-17-3 東武ストア2F
公式サイト 詳細はこちら

銀座矯正歯科

マウスピース矯正 失敗

銀座矯正歯科は女性専門の矯正歯科で、異性に相談にしにくい歯並びに関する悩みも気軽に相談できるクリニックです。

外から目立たない裏側からの舌側矯正とマウスピースタイプの矯正治療に対応しています。

マウスピース矯正をして、万が一治療が上手くいかなかった場合は無料で矯正治療へと切り替えてくれるため、治療費が無駄になることもありません。

また、治療費の差額を支払えば裏側矯正に切り替えることも可能です。

他にも、インプラントや審美、歯周治療など包括的な歯科治療も行いますので、口周りに関する悩みが多い人やコンプレックスで悩んでいる人にはおすすめのクリニックです。

料金 初診相談:無料
基本検査料:33,000円
セカンドオピニオン:11,000円
表側矯正:935,000~1,045,000円
混合矯正(ハーフリンガル):1,045,000~1,210,000円
裏側からの舌側矯正:1,210,000~1,430,000円
部分矯正(インビザラインi7):330,000円
軽い症状(インビザラインlite):495,000円
上記以外の上下全顎症状(インビザラインFULL):880,000~990,000円
その他の費用 短期治療を目指すオリジナルプラン:別途ご相談
フェイシャルプラン:別途ご相談
ブライダルプラン:別途ご相談
コルチコトミー併用プラン:165,000円~
治療方法 マウスピース矯正、ワイヤー矯正、舌側矯正、外科矯正
対応歯並び 出っ歯(上顎前突)、すきっ歯(空隙歯列弓)、八重歯(上下)、中心がずれている噛み合わせが深い、前歯が閉じない、受け口、クロスバイト(交叉咬合)、ガタガタした歯並び(叢生)
営業時間 10:30~13:00 / 14:30~19:30
休診日:日曜
アクセス 〒104-0061
東京都中央区銀座3丁目3-1-4 グランディアⅡ6F
公式サイト 詳細はこちら

表参道矯正歯科

マウスピース矯正 失敗

表参道矯正歯科は「マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)」や「部分矯正」など、あらゆる年齢層に適した総合的な矯正歯科治療を行っているクリニックです。

年間の症例実績は400人以上と豊富で、ひとりの患者さんに適した高いレベルの矯正治療を、臨床経験29年以上の経験豊富な日本矯正矯正歯科学会認定医が施術してくれます。

表参道矯正歯科のマウスピース矯正は事前に3Dで口腔内をスキャンし、正確な診査・診断を徹底することでゆがみのない精巧なマウスピースを作ることができます。

また、Web上でデータ送信できる仕組みを採用することで、治療途中にどのくらい歯が動いたか、視覚的に確認できるのも大きなメリットです。

料金形態も誰もが分かりやすい総額表記となぅており、リーズナブルな金額で治療を行うことができる点も魅力です。

料金 初診相談:無料
精密検査・診断料:38500円
マウスピース型カスタムメイド 矯正装置(インビザライン) 【部分矯正】:440,000円~660,000円
マウスピース型カスタムメイド 矯正装置(インビザライン) 660,000円~990,000円
矯正中の定期検診料:無料
その他の費用
治療方法 マウスピース矯正
対応歯並び 出っ歯(上顎前突)、すきっ歯(空隙歯列弓)、八重歯(上下)、中心がずれている噛み合わせが深い、前歯が閉じない、受け口、クロスバイト(交叉咬合)、ガタガタした歯並び(叢生)
営業時間 12:30~15:00/16:00~19:30
休診日:日曜・月曜・木曜
アクセス 〒107-0062
東京都港区南青山3丁目18−17青山十八番館5階
公式サイト 詳細はこちら

銀座しらゆり歯科

マウスピース矯正 失敗

銀座しらゆり歯科は審美歯科治療、インプラント治療、歯周病治療、根管治療、ホワイトニングなどのトータルケアができるクリニックです。

「装置が見えにくく目立たない」「金属アレルギーの心配がない」「装置をとって食事ができる」といったマウスピース矯正の特徴だけでなく3Dシミュレーションシステムで治療過程を事前に確認することができます。

また、治療は経験豊富な気矯正認定医と矯正医が在籍していますので、安心して治療に専念することも可能です。

銀座しらゆり歯科のインビザラインによるマウスピース矯正の治療中は、より早く治療を開示できるように光学3Dスキャニング「iTero Element」を導入しており、従来よりも約2週間ほど早くすることを可能にしています。

料金 矯正相談(カウンセリング):無料
精密検査・診断料:22,000円(初回のみ)
マウスピース:220,000円~1,320,000円
裏側矯正:1,100,000円~1,650,000円
表側矯正:770,000円~1,045,000円
その他の費用
治療方法 セラミック治療、矯正歯科、マウスピース矯正、インプラント
対応歯並び 出っ歯(上顎前突)、すきっ歯(空隙歯列弓)、八重歯(上下)、中心がずれている噛み合わせが深い、前歯が閉じない、受け口、クロスバイト(交叉咬合)、ガタガタした歯並び(叢生)
営業時間 11:00~13:00/14:30~20:00
休診日:祝日
アクセス 〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目4-18アルボーレ銀座ビル 5F
公式サイト 詳細はこちら

マウスピース矯正 失敗のQ&A

マウスピース矯正 失敗

最後に、マウスピース矯正 失敗に関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

マウスピース矯正で出っ歯や受け口は治らない?

マウスピース矯正は出っ歯や受け口などの悩みを解消することは可能です。

ただし、装着期間を守らなかったり、装着期間をわざと短くしようとすると効果が薄くなるため、装着期間は必ず守るようにしてください。

インビザラインをやらなきゃよかった理由は?

インビザラインをやらなきゃよかったと思う原因は、主に「予定していた期間に治療が終わらなかった」「納得のいく仕上がりにならなかった」「治療後に後戻りした」などです。

マウスピース矯正で逆に出っ歯になるって本当?

マウスピース矯正で逆に出っ歯になる可能性はゼロではありません。

マウスピース矯正は出っ歯や受け口などの悩みを解消が期待できる治療方法ですが、医師の指示を無視したり、抜歯が必要な症例なのに、抜歯をせずにマウスピース矯正を始めてしまうと、出っ歯になる可能性があります。

マウスピース矯正の効果はいつから?

マウスピース矯正は1ヶ月で0.25mm程度の少しずつ歯を移動させる治療法になるため、治療を始めてすぐに効果を実感することはほとんどありません。

個人差はありますが、一般的に4ヶ月~半年くらい経過すると歯並びの変化を感じられるでしょう。

マウスピース矯正 失敗のまとめ

マウスピース矯正 失敗 まとめ

今回はマウスピース矯正で失敗する原因や失敗を回避する方法などについて詳しく紹介してきました。

マウスピース矯正は歯並びや噛み合わせの改善が期待できる治療方法です。

固定型のワイヤー矯正とは異なり、自分でいつでも取り外しができるため気軽に始めやすい治療法でもあります。

しかし、マウスピース矯正中に矯正期間を守らなかったり、保定期間をサボると理想通りの歯並びにならずに失敗してしまうこともあります。

マウスピース矯正は決して治療費が安く簡単に行える治療ではないため、あらかじめ自分で知識を付けたうえで、信頼できる歯科医の治療を受けることが大切です。

まずは、カウンセリングや初回検診を受けてみてはいかがでしょうか。

厚生労働省、消費者庁、国民生活センターによる美容医療の注意喚起

美容医療を受ける前に確認すべきこと

※本記事では、厚生労働省の「医療広告ガイドライン」を遵守して作成しています。