HELLATH CLINIC(ヘラスクリニック) 運営HELLATH CLINIC(ヘラスクリニック) 新宿西口院 アクセス・営業時間   歯科矯正のお金がないときの支払い方法!費用を安く抑えるコツや高すぎてできない時の対処法 - ヘラスビューティーコラム
[PR表記]このサイトの表記には、プロモーション広告が含まれています。

歯科矯正のお金がないときの支払い方法!費用を安く抑えるコツや高すぎてできない時の対処法

歯列矯正お金ない

読者

歯並び直したいけどお金がないからできない…

読者

歯科矯正って総額いくらくらいかかるんだろう?

歯科矯正がしたくても、お金がなければできないと思っていませんか?

歯科矯正の費用は、ローンを組んで分割支払いしていくことも可能です。

この記事では、「お金がなくても歯科矯正をする方法や費用を安く抑えるコツ」を解説していきます。

お金がないからと歯科矯正をあきらめる必要はありません、自分に合った支払い方法を見つけましょう。

この記事の重要なポイント
  • 歯科矯正にかかる治療費の相場は70万円〜120万円
  • 歯科矯正は公的医療保険の対象外
  • お金がない場合でも、分割払いやデンタルローンでの支払いが可能
  • デンタルローンは一般的なカードローンより金利が低いなどのメリットがある
ヘラスビューテーコラムの医療脱毛の記事について
【当サイトは広告ガイドラインを参考にした運営に努めております】

歯科矯正の費用相場

歯列矯正お金ない

歯科矯正は公的医療保険の対象外であるため、自費診療となりその費用は各歯科医院が独自に定めています。

そのため、費用の相場を一概に述べることはできませんが、平均で70万円〜120万円ほどかかるといわれています。

ここでは一般的な平均費用を歯科矯正の流れとともにさらに詳しく解説していきます。

矯正期間の長さや治療方法によってかかる費用は大きく変わってくるため、本記事記載の金額はあくまで参考程度にし、具体的な金額は歯科医院へ問い合わせてください。

ステップ①カウンセリング【0円〜5,000円】

カウンセリングでは、患者の悩みや希望を聞いて実際に治療をおこなうかどうかを決めていきます。

費用の支払いに不安がある人は、カウンセリング前に実際にかかる費用や安く抑えられる方法を相談してみることをおすすめします。

カウンセリング費用は歯科医院によって異なり、なかにはカウンセリングのみの場合は無料のところもあるため、まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

ステップ②診断・検査【20,000円〜100,000円】

カウンセリングで治療をおこなうことが決まったら、詳しい診断や検査を受けます。

歯の状態や口腔内の状態を確認することで、詳しい治療法や矯正器具の選定が可能になります。

診断・検査で重要なポイントは、歯に関することだけでなく口腔内全体の検査する歯科矯正を妨げる疾患がないかのチェックです。

診断・検査はどの歯科医院でも費用に大きな差はないといえるでしょう。

ステップ③矯正以外の治療【治療内容による】

診断・検査で問題が見つかった場合、矯正を始める前に該当箇所を治療をします。

おもな問題として挙げられるのが、虫歯や歯周病です。

疾患や治療内容によって費用は大きく変わってくるため、少しでも費用を抑えたい人は矯正の妨げとなる疾患にならないよう日頃から気をつけましょう。

ステップ④矯正器具の装着【600,000円〜1,500,000円】

歯科矯正にかかる費用のうち、もっとも大きな割合を占めるのが矯正器具です。

一般的に、矯正器具が目立たなくなるほど費用は高くなるといわれています。

矯正期間は短くても1年、長いと3年程度かかるため、矯正器具の選定は非常に重要です。

目立たない矯正器具を選ぶと費用が高くなりますが、一方で費用を安く抑えようとするとワイヤーのように少し目立ちやすいものを選ぶことになります。

そのため、自分や家族の経済状況との兼ね合いから慎重に検討しなければなりません。

ステップ⑤月一程度の検査・調整【1回あたり3,000円〜6,000円】

歯科矯正は開始後も、定期的にメンテナンスを受ける必要があります。

具体的には、月に1回程度の頻度で歯科医院を受診し、検査やワイヤーやマウスピースの調整をおこないます。

調整により、歯を少しずつ動かしていくためです。

矯正期間が長くなるほど、定期検査や調整にかかる費用が増え、総額も大きくなります。

ステップ⑥矯正完了後の定期検査・調整【0円〜60,000円】

1年〜3年の矯正が完了したあとも定期検査や調整は必要です。

定期検査を疎かにすると、歯並びがもとに戻ってしまう可能性があるためです。

特に抜歯をしている場合、矯正前より噛み合わせなどが悪くなる恐れがあります。

このようなリスクを防ぐためにも、定期検査は費用を惜しまず受けましょう。

オプション料金

これまでに説明してきた歯科矯正のステップのほかに、以下のようなオプションで料金が発生する場合があります。

  • 歯のクリーニング
  • 矯正器具の修理代
  • 口腔内のケアグッズ

少しでも費用を抑えようと、ケアグッズ購入をためらうケースがありますが、矯正後の悪化を防ぐためにもケアには力を入れましょう。

歯科矯正が公的医療保険対象になる場合

以下の場合、歯科矯正が公的医療保険の対象になることがあります。

  • 「別に厚生労働大臣が定める疾患」に起因した咬合異常に対する矯正歯科治療
  • 前歯及び小臼歯の永久歯のうち3歯以上の萌出不全に起因した咬合異常(埋伏歯開窓術を必要とするものに限る。)に対する矯正歯科治療
  • 顎変形症(顎離断等の手術を必要とするものに限る)の手術前・後の矯正歯科治療
これら保険適用される矯正歯科治療を行える医療機関は、厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生(支)局長に届け出た保険医療機関のみです。(参考:日本矯正歯科学会

関連記事:歯列矯正はやめた方がいいって本当?失敗例と成功例、失敗しないポイントを紹介

歯科矯正費用の支払い方法

歯列矯正お金ない

歯科矯正にかかる費用は、多くの歯科医院が現金払い以外の方法にも対応しています。

歯科矯正の費用は決して安くありませんが、分割払いも可能であるため、一括では払えないという人も心配は必要ありません。

ここではおもな支払い方法について解説します。

デンタルローン

デジタルローンとは、歯科治療のみを使用用途とした銀行や信販会社が提供するローンです。

カードローンと異なり、歯科治療目的以外の融資は受け付けておらず、追加融資もおこなっていません。

そのかわり、金利の低さや返済期間の長さなどのメリットがあります。

使用目的が歯科治療のみの人は、カードローンよりもデジタルローンのほうがおすすめです。

カードローン

カードローンとは、消費者金融が提供している現金貸し付けサービスです。

デジタルローンと異なり、融資の使用目的は限定されていないため、さまざまな理由で借り入れできます。

最短即日に現金を手に入れられるため、歯科治療開始までに申し込み、費用は歯科医院で現金一括払いすることが一般的です。

その後、消費者金融へ毎月決まった額を返済していくという流れとなります。

院内分割支払い

院内分割払いとは、各歯科医院が独自に金利や返済期間を定めている支払い方法です。

デンタルローンやカードローンよりも金利が低い、審査が必要ないなどの特徴があります。

歯科医院によって、金利や月々の支払金額は異なるため、詳しくは公式サイトなどで確認することをおすすめします。

クレジットカード

ローンや分割をしなくてもクレジットカードで支払うことで、支払いを先延ばしにできます。

クレジットカード払いでは同時にポイントも貯まるため、歯科矯正のような高額な支払いにおすすめです。

また、クレジットカードのリボ払いを利用することでも、分割払いと同じような支払い方をすることができます。

現金

現金で支払えるのではあればそれがもっともよい方法でしょう。

ローンや分割での支払いにかかる金利や手数料を浮かすことができます。

歯科矯正の治療法別費用相場

歯列矯正お金ない

歯科矯正の費用は、一般的に目立ちにくくなるほど金額は上がるといえます。

矯正期間は長く続くため、費用を抑えるためだけに器具が目立ってしまう治療法を選んでしまうと後悔する可能性もあるため、慎重に検討してください。

ここでは、代表的な3つの治療法とその費用相場について解説していきます。

ワイヤー矯正【70万円〜100万円】

歯科矯正の治療としてもっとも一般的な方法が、ワイヤー矯正です。

歯の表面にブラケットと呼ばれる器具を取り付けて矯正をおこなっていきます。

70万円〜100万円が一般的で、使用するブラケットの素材によって値段が異なります。

金属製のブラケットだと費用を抑えることができますが、矯正していることが明らかにわかる目立ちやすいものとなってしまいます。

逆にセラミックやプラスチックのブラケットだと、金属製より目立ちにくくはなりますが値段が上がってしまうことがデメリットです。

また歯科医院によって取り扱っているブラケットの素材は異なるため、治療を始める前に一度確認してみてください。

裏側矯正【100万円〜150万円】

裏側矯正は、歯の裏側にブラケットと呼ばれる器具を取り付けて矯正をおこなう方法です。

表面に取り付ける方法よりも、器具を取り付けていることが目立たないためほとんど矯正をしているとバレることはないでしょう。

しかし裏側矯正は、患者の症状が公的医療保険の対象だとしても治療方法自体が対応していないため、全額自己負担となってしまいます。

また、歯の裏側に器具を取り付けるため、舌に当たり痛いと感じたり話しにくさを感じたりする患者もいるようです。

こういったことから、裏側矯正は器具を目立たせず矯正することができる半面、高額な費用がかかるなどのデメリットがあることも理解しておかなければなりません。

マウスピース矯正【10万円〜70万円】

マウスピース矯正とは、ワイヤーやブラケットなどの器具を歯に固定せずにマウスピースを使って矯正していく治療法です。

着脱が自由におこなえたり、マウスピースが透明なため周囲からバレにくかったりというメリットがあります。

しかし、ワイヤーやブラケットほどの矯正は期待できずおもに前歯の治療のみで済む人におすすめの方法です。

ここで紹介している方法のなかではもっとも安く歯科矯正をおこなえる方法ですが、自己管理がしっかりできないと矯正がうまくいかないことがある点に注意しなければなりません。

関連記事:歯列矯正はやめた方がいいって本当?失敗例と成功例、失敗しないポイントを紹介

歯科矯正費用の支払いにおすすめのデンタルローン3選

歯列矯正お金ない

デンタルローンとは、使用用途を歯科治療に限って銀行や信販会社などが貸し付けをおこなうサービスです。

一般的なカードローンより金利が低く設定されていたり、返済期間が長く設定されていたりするというメリットがあります。

ここでは、おすすめのデンタルローンを3つ紹介していきます。

イオン銀行 イオンアシストプラン

歯科矯正お金ない

出典:イオン銀行

イオン銀行のイオンアシストプランは、歯科矯正だけでなくホワイトニングやインプラントの治療での利用も可能なデンタルローンです。

繰り上げ返済の手数料が無料なため、お金に余裕があるタイミングでまとめて返済してしまうことをおすすめします。

また、契約1件につき2,750円(税込)の手数料がかかる点に注意してください。

商品名 イオンアシストプラン
金利 3.8%〜8.8%
借入限度額 700万円
無利息期間 なし
返済期間 1年〜8年
融資時間 1週間から2週間
申し込み対象者 満20歳以上60歳未満

スルガ銀行 デンタルローンプラス

歯科矯正お金ない

出典:スルガ銀行

スルガ銀行のデンタルローンプラスは、カードレスで振り込み対応も可能となっているためWeb完結が可能なデンタルローンです。

手持ちのクレジットカードで支払ったあとでも申し込みが可能で、歯科医院で治療を始めてからやっぱりお金が必要になったという場合でもローンを組むことができます。

また、家族でローンの一本化ができるため、兄弟や親子そろっての歯科治療にもおすすめです。

商品名 デンタルローンプラス
金利 2.5%〜5.0%
借入限度額 800万円
無利息期間 なし
返済期間 半年〜10年
融資時間 1日〜3日
申し込み対象者 18歳以上65歳未満

ジャックス Dentcure(デントキュア)

歯科矯正お金ない

出典:ジャックス

ジャックスのDentcure(デントキュア)は、最短30秒で審査が完了するデンタルローンです。

歯科矯正以外にも歯に関する治療全般(ホワイトニングは除く)での利用が可能となっているため、予防治療での申し込みもできます。

月々3,000円〜など少額からの支払いも可能となっているため、返済に不安がある人にもおすすめです。

商品名 Dentcure(デントキュア)
金利 3.9%〜
借入限度額 500万円
無利息期間 なし
返済期間 1ヵ月〜10年間
融資時間
申し込み対象者 成人

歯科矯正費用の支払いにおすすめのカードローン3選

カードローンとは、消費者金融が現金を貸し付けするサービスです。

デンタルローンと異なり使用目的に制限がないため、融資の一部を歯科矯正に充てて残りを違う用途として使用することが可能となっています。

ここでは、おすすめのカードローンを3つ紹介していきます。

歯科矯正費用の支払いにおすすめのカードローン3選

 

アイフル

歯科矯正お金ない

出典:アイフル

アイフルは、最短25分で融資までが完了するカードローンです。

借り入れ限度額が800万円と、歯科矯正をするのには十分な金額といえるでしょう。

金利 3.0%〜18.0%
借入限度額 800万円
無利息期間 最大30日間
審査時間 最短20分
最短融資時間 20分

アコム

歯科矯正お金ない

出典:アコム

アコムは、満足度ランキングで常に上位に入っているカードローンです。

カードレスに対応しているため、原則郵便物なしのWeb完結で申し込みがおこなえます。

金利 3.0%〜18.0%
借入限度額 800万円
無利息期間 最大30日間(はじめての方のみ)
審査時間 最短20分※
最短融資時間 20分※

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミス

歯科矯正お金ない

出典:プロミス

プロミスは、初めての利用者からの満足度が非常に高いカードローンです。

融資金額に応じてVポイントが付与される、ポイント制度も導入しています。

申し込みには女性専用ダイヤルも設置されているため、だれでも利用しやすいカードローンです。

金利 4.5%〜17.8%
限度額 500万円
無利息期間 最大30日間
審査時間 最短15秒事前審査 ※1
最短融資時間 最短20分※2お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

※1 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※1 新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。
※2 お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

歯科矯正費用が高い理由

歯列矯正お金ない

歯科矯正費用は平均的に70万円〜120万円ほどかかるといわれています。

通常の風邪やケガなどの治療費と比べると非常に高く見えますが、これには理由があります。

ここでは、歯科矯正費用が高い理由について解説していきます。

公的医療保険の対象外

歯科矯正は公的医療保険の対象外であり、治療費全額が自己負担となることから、ほかの治療よりも金額が高く思えてしまうのです。

公的医療保険対象外の場合、歯科医院が自由に金額を決定できるので、少しでも治療費を安く抑えたい場合は、リーズナブルな歯科医院を選びましょう。

また、以下のような場合は公的医療保険の対象となることもあるので、詳しくは歯科医院で検査を受けてみることをおすすめします。

  • 先天疾患によって矯正が必要な場合
  • 外科手術が必要な矯正の場合

治療が長期的

歯科矯正は、完了するまでに平均1年〜3年かかるといわれています。

矯正器具をしている間は、月に1回程度定期的に検査や調整が必要なため、その都度診察代を支払う必要があります。

そのため、矯正期間が長くなればなるほど費用がかさんでしまうのです。

矯正器具が高価

歯科矯正に用いられる矯正器具は、高価なものが多いという点も費用が高くなる原因の1つです。

使用する器具や治療法によって値段は大きく変わりますが、患者の要望に合わせて治療を選んでくれることもあります。

治療費や治療方法などを選ぶ際に、金額についても細かく相談してみることで少しでも費用を抑えることができるのではないでしょうか。

矯正完了後も定期検査・調整が必要

歯科矯正は器具での矯正が完了した後も定期的に検査や調整が必要となります。

完了後の検査をせずに放置してしまうと、また歯並びが悪くなってしまったり歯周病の原因になったりと、歯科矯正が無意味になってしまう場合があるのです。

矯正完了後の検査にも診察代を支払う必要があるため、さらに費用が増してしまいます。

歯科矯正費用を安く抑えるコツ

歯列矯正お金ない

歯科矯正費用は、決して安いものではないということはこれまでに述べてきたとおりですが、できるのであれば少しでも安く抑えたいですよね。

ここでは、歯科矯正費用を安く抑えるコツを解説していきます。

なるべく若いときから始める

幼児期からの治療を除いて、歯科矯正はなるべく若いうちに始めることをおすすめします。

完全に発達が完了してしまうと、顔やあごの骨が完成してしまい、治療の幅が狭くなることで矯正期間が長くなってしまうのです。

矯正器具の装着期間も定期的な検査や調整のたびに診察代がかかるため、矯正期間は短いほうが費用を抑えることができます。

安い治療法を選ぶ

歯科矯正の治療法にはいくつも種類があり、歯の状態や患者の要望で歯科医師が決定します。

一般的にワイヤーなどを使った目立ちやすい矯正器具よりも、歯の裏側に装着するタイプなどの目立ちにくい矯正方法のほうが費用が高くなります。

そのため、費用を抑えたい場合は安い治療法を選ぶことをおすすめしますが、器具が目立ちやすくなるなどのデメリットも理解しておかなくてはなりません。

医療控除を使う

歯科矯正にかかる費用は医療控除の対象となっています。

年度末の確定申告の際に、医療控除を申請することで支払う税金を安くすることができるのです。

ただ、会社でおこなう年末調整では医療控除の申請はできないため、個人で確定申告する必要がある点に注意をしてください。

歯科矯正に関するよくある質問

歯列矯正お金ない

ここでは、歯科矯正に関するよくある質問に答えていきます。

カードローンとデンタルローンの違いは?

デンタルローンは融資の使い道が歯科治療に限られているのに比べて、カードローンの使い用途は基本的に自由という違いがあります。

また、デンタルローンは金利が低めに設定されている一方で、追加の借り入れはできません。

そのため、歯科治療だけでなくほかの用途での融資を希望している人は、カードローンの申し込みが必要です。

医療控除を使うには確定申告と年末調整どっち?

歯科矯正にかかった治療費による医療控除を使うためには、確定申告が必要となります。

会社で年末調整を受けている場合でも、医療控除は対象外となるため個人で確定申告が必要となるのです。

確定申告をする際には、どれくらいの費用がかかったかなどの内訳書の提出が必須となるため、領収書はきちんと取っておきましょう。

歯科矯正はどれくらいの期間かかる?

歯科矯正にかかる期間は個人差が大きいため一概にはいえませんが、平均的には1年〜3年かかるといわれています。

また治療法や歯の状態によって異なりますが、一般的に大人より子どものほうが治療期間が長くなります。

これは、乳歯の時期から嚙み合わせやあごの骨の調整をしておき、永久歯が生えそろったタイミングで矯正器具を使って整えていく段階を踏んだ治療をおこなっていくためです。

なるべく短い期間で治療を終わらせるためにも、定期的な検査や調整をサボらずきちんと通院することをおすすめします。

歯科矯正が公的医療保険の対象となる場合は?

歯科矯正は公的医療保険の対象外であるため、治療費を全額自己負担時なければなりませんが、以下のような場合は例外として対象となることがあります。

  • 先天疾患によって矯正が必要な場合
  • 外科手術が必要な矯正の場合

公的医療保険の対象となるかどうかは、歯科医院での診察が必要となるので、一度検査を受けてみることをおすすめします。

歯科矯正の費用まとめ

この記事では、「お金がなくても歯科矯正をする方法や費用を安く抑えるコツ」を解説してきました。

「お金がなくても歯科矯正をする方法や費用を安く抑えるコツ」の重要なポイントは以下のとおりです。

この記事の重要なポイント
  • 歯科矯正にかかる治療費の相場は70万円〜120万円
  • 歯科矯正は公的医療保険の対象外
  • お金がない場合でも、分割払いやデンタルローンでの支払いが可能
  • デンタルローンは一般的なカードローンより金利が低いなどのメリットがある

歯科矯正にかかる費用は歯科医院が独自で定めているため、一概にはいえませんが平均して70万円〜120万円ほどかかるといわれています。

また、歯科矯正は公的医療保険の対象外であるため治療費が全額負担となりますが、デンタルローンや院内分割支払いが可能です。

デンタルローンを利用すると、一般的なカードローンよりも金利を抑えられたり返済期間を長く設定できたりするというメリットがあります。

お金がないからと歯科矯正をあきらめてしまうのではなく、制度や支払い方法を知ることで可能性を広げていきましょう。

政府提供:カードローンなどで借入をする前に!

消費者生活センターの役割と相談の仕方を知ろう

金融庁提供:お金を借りる方、借りている方へ

【ハイフ(HIFU)の施術を受ける前にチェック!】消費者庁提供:エステサロン等でのHIFU(ハイフ)による事故

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です