歯列矯正やめた方がいいと言われる1つの理由とは?失敗例や後悔しない選び方を解説 | ヘラスクリニック

歯列矯正やめた方がいいと言われる1つの理由とは?失敗例や後悔しない選び方を解説

歯列矯正はやめたほうがいいって本当?

大人になってからの歯列矯正のデメリットが知りたい!

といった悩みを抱える人も多いでしょう。

歯列矯正についてネットで調べると「やめたほうがいい」と表示されるため、歯列矯正をしたくても最後の一歩が踏み出せずに悩んでしまいますよね。

そこで、今回は歯列矯正はやめたほうがいいと言われる理由や失敗例、失敗しないための対策などについて詳しく紹介していきます。

歯列矯正やめたほうがいい_内容

歯列矯正 やめたほうがいい

  • 歯列矯正の治療で失敗、後悔している人はいる
  • 歯列矯正は費用が高く治療期間が長い
  • 歯列矯正は自然な笑顔が作れるようになる、横顔がキレイになるなどのメリットがある
  • 顎関節症を患っている人や虫歯や歯周病になっている人は歯列矯正はやめた方がいい
  • 歯列矯正で後悔している人はごく一部
  • 後悔したくない人にオススメなのはキレイライン矯正

透明で目立たない!
ホワイトニングも同時にできるキレイライン矯正がおすすめ!

キレイライン矯正公式サイト
※1 2017年6⽉〜2022年11⽉の契約者様の合計数 ※2 デンタルローンを利用して7回コース(税込319,000円)を頭金なし・96回払いで支払う場合の手数料抜き・税別の分割支払金額です。 ※2 一部クリニックはローン非対応。 ※2 信販会社や手数料はクリニックにより異なります。 ※ ホワイトニング剤最低1本が料金に含まれています。 ※ アタッチメント(追加治療)との併用はできません。ホワイトニング剤の使用タイミングは歯科医師までご相談ください。

歯列矯正はやめたほうがいい理由

歯列矯正やめたほうがいい_理由

歯列矯正は歯並びや噛み合わせの改善ができる治療法で、歯列矯正をすることで見た目の印象が変わったり、虫歯や歯周病のリスクを下げられるなどのメリットがあります。

それでは、

どうして歯列矯正の治療に悪い評判があるのでしょうか。

その理由は、歯列矯正の治療をして失敗したり後悔している人が実際にいるからです。

歯列矯正の治療は保険適用外で治療費が高額で治療が終わるまでにかなりの時間がかかります。

高いお金を払って、長い期間治療したのにも関わらず、納得のいく結果にならなければお金と時間を無駄にしたと感じることも多いでしょう。

その結果、歯列矯正はやめたほうがいいと感じるようになる人もいるようです。

歯列矯正はやめたほうがいい?失敗例

歯列矯正やめたほうがいい_失敗例

歯列矯正の治療をした人の中には、歯列矯正はやめたほうがいいと感じる人がいます。

では、歯列矯正をやめたほうがいいと感じる人はどのようなことが起きたのか、歯列矯正の失敗例について紹介します。

治療期間が長いと感じた

歯列矯正は治療が終わるまでにかなりの時間がかかります。

一般的には1年~3年程度の治療期間がかかり、症状によってはそれ以上かかってしまうこともあります。

特に、歯列矯正の治療をする前に虫歯や歯周病がある場合は、それらの治療からスタートすることになるため想像していた以上に治療に時間がかかってしまうことも多いです。

また、歯列矯正の治療中は定期的に通院する必要もあり、通院が大変に感じてしまう人もいるようです。

大人が歯列矯正をする場合、仕事が休めずになかなか通院にもいけずに治療期間が長くなってしまうこともあります。

効果が薄いと感じる

歯列矯正は症状に合わない治療法で治療しても効果が薄いと感じることがあります。

例えば、マウスピース矯正は目立たず治療ができて、ブランドによっては通院回数が少ないというメリットがありますが、一定の装着時間を守らなかったり、装着が甘いと効果が薄くなる可能性が高いです。

そのため、歯列矯正をする時はルールをしっかりと確認し、歯科医師の指示のもと治療を行うことが大切です。

歯列矯正中に虫歯や歯周病になった

歯列矯正の治療中に虫歯や歯周病になってしまう人も多いです。

特に、矯正装置を付けて治療する場合、つけていない時と比べると歯磨きがしにくくなります。

磨き残しがあるとそれが虫歯や歯周病の原因となってしまいます。

矯正の治療中でも虫歯や歯周病になってしまうと、それらの治療が優先されて、場合によっては矯正装置を外して治療に専念しなければいけないこともあるのです。

そのため、歯列矯正の治療中はこれまで以上に丁寧な歯磨きを徹底することが大切なポイントです。

治療中に痛みがでた

歯列矯正の治療中は基本的に矯正装置やマウスピースは装着したままの状態で過ごします。

そのため、矯正装置の違和感や痛みが気になってしまい治療を途中で中断してしまうという事例があります。

特に、ワイヤー矯正や裏側矯正の場合は口の中に金属が常に入った状態で過ごすことになるため、舌にあたって傷ついてしまうことも多いです。

hanaravi(ハナラビ)利用者へのアンケートで、歯列矯正の痛みが治った日数に関するアンケートを行っています。

hanaravi(ハナラビ)利用者へのアンケートでは、矯正開始から3日以内に「痛みが治まった」と回答しています。

「なるべく痛みが少ない治療がいい」という人は、hanaravi(ハナラビ)のマウスピース矯正を検討してみてください。

出典:hanaravi(ハナラビ)利用者へのアンケート

歯列矯正後に元に戻ってしまった

歯列矯正は治療後に必ず「リテーナー」と呼ばれる矯正装置を付けて歯を定着させる必要があります。

歯列矯正の治療が終わっても、歯が動きやすい状態となっており、定着装置をつけないと徐々に元の形に戻ってしまいます。

リテーナーにも1日に着用する時間や期間が決められているため、自己判断でやめてしまうと歯が定着せずに元に戻るなんてことになりかねません。

そのため、歯列矯正は長い治療期間を終えてからも歯の定着期間があることを把握しておきましょう。

就寝時矯正器具に違和感を感じる

歯列矯正の治療中は、基本的に就寝中も矯正装置を付けたままになります。

そのため、矯正装置を付けてすぐは違和感を感じて不快感が大きくなるために、眠りが浅くなったと感じる人もいるようです。

マウスピース矯正であれば簡単に取り外しができるため便利ですが、装着時間が短いと効果に期待ができませんので、気になる人は自由度の高い治療法で治療することをおすすめします。

マウスウピースは歯科医師に指示された装着時間を守るようにしましょう。

歯列矯正はやめたほうがいい?成功例

歯列矯正やめたほうがいい_成功例

歯列矯正はやめたほうがいいと感じている人がいることは事実ですが、なにも歯列矯正の治療を受けた人のほとんどが失敗しているわけではありません。

失敗、後悔している人は一部の人達で、歯列矯正の治療に成功している人は多いです。

ここでは、歯列矯正の成功例を紹介します。

自然と笑えるようになった

歯列矯正をすれば口元はキレイになり、口元のコンプレックスを無くすことができます。

歯並びが悪い人にとって自然な笑顔を作ることは難しく、口元を手で隠したり、自然に笑えなくて悩んでいる人は実は多いです。

また、歯並びが悪いと口元を見られるのが恥ずかしくなり、笑うことに抵抗を感じる人もいます。

しかし、歯列矯正をすることで歯並びが良くなれば口元を見られても気にならなくなり、自然な笑顔が作れるようになります。

逆にキレイな歯を見てもらいたくなり、自分の自信にも繋がることでしょう。

透明で目立たない!
ホワイトニングも同時にできるキレイライン矯正がおすすめ!

キレイライン矯正公式サイト
※1 2017年6⽉〜2022年11⽉の契約者様の合計数 ※2 デンタルローンを利用して7回コース(税込319,000円)を頭金なし・96回払いで支払う場合の手数料抜き・税別の分割支払金額です。 ※2 一部クリニックはローン非対応。 ※2 信販会社や手数料はクリニックにより異なります。 ※ ホワイトニング剤最低1本が料金に含まれています。 ※ アタッチメント(追加治療)との併用はできません。ホワイトニング剤の使用タイミングは歯科医師までご相談ください。

噛み合わせがよくなった

歯列矯正をすることで噛み合わせの改善ができることもあります。

歯並びが悪い状態で噛み合わせも悪いと、場合によっては食べ物が食べにくくなることがあるのです。

今まで食べにくい食べ物が自由に食べられるようになったり、噛み合わせがよくなると噛む回数も増えることでフェイスラインを引き締める効果にも期待ができます。

また、歯ぎしりで悩んでいる人も場合も歯列矯正をすることで改善できる場合があります。

歯を磨きやすくなった

歯列矯正によって歯並びがキレイに整うことで、歯磨きがしやすくなります。

歯並びが悪い状態だとどうしても細かいところまで歯ブラシが届かず、磨けていない箇所が出てくることも多いです。

磨けていない部分があると、そこに歯石が溜まり、虫歯や歯周病の原因になってしまうでしょう。

歯列矯正をすれば歯がキレイに並び、隅々まで歯磨きがしやすくなるため、虫歯や歯周病の予防ができるメリットもあります。

横顔が綺麗になった

歯列矯正をすることでEラインが整えられるケースも。
自分の横顔に自信がつくようになります。

歯並びが悪かったり、上下顎前突(口ゴボ)や出っ歯などで悩んでいる人は自分の横顔が嫌いな人も多いでしょう。

歯列矯正をすることで突き出た歯や唇が正常の位置に戻るため、美人顔の基準であるキレイなEラインを手に入れることができます。(骨格に原因がある場合などは歯列矯正での改善が難しい場合もあります)

こんな記事もおすすめ⇨歯列矯正で「美人になった」は本当?美人になるための秘訣や方法を紹介

歯磨きの習慣がついた

歯列矯正をすることで歯磨きの習慣がつくようになります。

歯列矯正でコンプレックスがなくなり、キレイな歯並びを手に入れることでそのキレイな状態をキープしようとする意識が高まり、今まで以上に歯磨きの質が向上します。

また、歯列矯正の治療では歯磨きの指導を受けることができるため、歯磨きの習慣がつくことでキレイな歯の状態をキープすることも可能です。

歯列矯正をやめたほうがいい人の特徴

歯列矯正 やめた方がいい

ここでは、歯列矯正をやめたほうがいい人の特徴を紹介します。

顎関節症を患っている人はやめた方がいい

現在顎関節症を患っている人は歯列矯正は一度考え直したほうが良いでしょう。

顎関節症は噛み合わせが原因になることも多く、歯列矯正により軽減される場合もあります。

ですが、必ず歯列矯正の治療で治るわけではありません。

症状がひどい場合は、まずは顎関節症の治療が終わってから歯列矯正の治療をするようにしてください。

虫歯や歯周病の治療をしている人はやめた方がいい

現在虫歯や歯周病の治療をしている人は歯列矯正の治療をすることはできません。

その理由は、歯列矯正の治療中は虫歯や歯周病のリスクが高くなるからです。

そのため、歯列矯正の治療をする時は虫歯や歯周病の治療が終わってから始めるようにしてください。

歯列矯正の治療前には、必ずカウンセリングや検査が行われるため、今虫歯があるかわからない人でも治療前に歯の状況が分かるため安心してください。

また、虫歯や歯周病の治療と同時進行で歯列矯正の治療を行っているクリニックもありますので、早めに治療を始めたい人は一度歯科医に相談してみることをおすすめします。

ただし、同時進行で治療を進める場合はマウスピース矯正などの矯正方法に限られてしまうこともあるため注意してください。

費用を用意できない人はやめた方がいい

まとまった費用を用意できない人は歯列矯正はおすすめできません。

歯列矯正は保険適用外の治療となるため高額な治療費がかかります。

治療法や症状によっては100万円以上の治療費がかかることも多いです。

クリニックによっては医療ローンやクレジットカードの分割払いで支払うことも可能ですが、分割払いになると無駄な利息が付いてしまい、トータルの費用がさらに高額になってしまいます。

また、歯列矯正の治療中は月1程度のペースで通院しなければいけないため、お金を用意できない人はまとまったお金が用意できてから治療を始めるようにしましょう。

医療ローンなどの分割払いでは、後々の生活が苦しくなってしまうこともあるため注意してください。

ただし、前歯など部分的に歯を動かす部分矯正なら、30万程度で矯正ができます。

歯列矯正_やめたほうがいい_中野デンタルクリニック_矯正費用
出典:中野デンタルクリニック

こんな記事もおすすめ⇨インビザラインの費用はどれくらいかかる?費用の内訳や安くておすすめの歯科医を紹介

今すぐ歯並びを改善したい人はやめた方がいい

歯列矯正は、1年~3年程度の治療期間を経て歯を適切な位置に少しずつ移動させる治療法です。

そのため自分の思い通りに治療が完了するわけではないので、今すぐ歯並びを改善したい人にはおすすめできません。

今すぐに歯並びを改善したい人などは、インプラントなどを他の治療を検討することがおすすめです。

歯列矯正で失敗しないための対策

歯列矯正 やめた方がいい

続いて、歯列矯正で失敗しないための対策方法について紹介します。

自分の症状に最適な治療法を知る

歯列矯正の治療方法にはマウスピース矯正やワイヤー矯正、裏側矯正などのさまざまな種類があります。

この種類によってそれぞれメリットとデメリットがあるため、自分に合った矯正の種類を知ることが大切です。

また、近年矯正装置が目立たない透明なブラケットを使用して矯正できるところもありますので、一度クリニックで相談してみることをおすすめします。

歯列矯正の治療方法 メリット デメリット
マウスピース矯正 周囲にバレにくい
食事の制限がない
歯磨きがしやすい
ワイヤー矯正と比べて痛みを感じにくい(※痛みの感じ方には個人差があります)
金属アレルギーの人でも治療ができる
適応できる症例が限定されている
装着時間を守る必要がある
自己管理が必要
ワイヤー矯正 治療範囲が広くさまざまな症例の治療ができる
取り外し不要
ワイヤーや矯正装置が目立つ
装置で口腔内を傷つけることがある
硬い食べ物などの制限がされることがある
裏側矯正 取り外し不要
口を開けてもほとんど装置が見えない
費用が高い
適用範囲が限られる
食事の制限がある
慣れるまで発音しづらい

こんな記事もおすすめ⇨マウスピース矯正のメリットデメリット総まとめ!知っておくべき注意点も紹介

歯列矯正の目的を明確にする

歯列矯正をする時は、歯列矯正の目的を明確にすることが大切です。

歯列矯正をする目的は歯並びを良くしたいのか、仕上がりもキレイにしたいのかによってアプローチ方法が異なります。

しかし、目的が明確でないと仕上がりに納得できずに、後悔してしまうこともあるため注意が必要です。

目的を明確にすることは、治療後のトラブルを避けることにもつながりますので、この点はしっかりと確認するようにしてください。

こんな記事もおすすめ⇨マウスピース矯正のメリットデメリット総まとめ!知っておくべき注意点も紹介

実績と経験豊富な歯科医師がいるクリニックで治療を受ける

歯列矯正をする時は実績と経験豊富な歯科医師がいるクリニックで治療を受けるようにしましょう。

実際、歯列矯正の治療の仕上がりは担当する歯科医師の技術や腕によっても異なります。

また、歯列矯正をする人は近年増えていますが、歯列矯正に対応しているクリニックが突如閉鎖するという事例もあります。

患者は多額のローンを抱えたまま、一方的に診察予約がキャンセルされて治療が途中の状態になってしまったということもありました。参考:「マウスピース矯正」患者が集団提訴、健康被害の訴え続出 「実質0円」で拡大、多額ローン抱えたまま診療所が突如閉鎖

このようなことにならないためにも、実績と経験豊富な歯科医師がいるクリニックで治療を受けることが大事です。

実績と経験豊富な歯科医師がいるクリニックで治療を受けたいなら、「日本矯正歯科学会のホームページ」も参考にしてください。

日本矯正歯科学会のホームページからは、お近くの認定医・指導医・臨床指導医を見つけられます。

こんな記事もおすすめ⇨マウスピース矯正でおすすめのクリニック17選!矯正の選び方や注意点についても解説

治療前にしっかり歯科医師と意思疎通を図る

歯列矯正をする時は治療前にしっかり歯科医師と意思疎通を図ることが大切です。

治療前の時点で完成の仕上がりやイメージなどの意思疎通がとれていないと、治療後にトラブルが起こるリスクが高くなってしまいます。

歯列矯正をする前には、必ずカウンセリングと検査を行いますが、その時に自分の話に親身になって聞いてくれるか、自分の要望を叶えてくれるか、信頼できる歯科医師かどうかを確認するようにしてください。

これを徹底するだけでも、治療後にやめたほうがよかったと感じるリスクを低くすることができます。

歯列矯正はやめたほうがいい?治療前のセルフチェック

歯列矯正 やめた方がいい

あなたの歯並びの状態が歯列矯正が必要かどうかは、以下のポイントで確認しましょう。

虫歯や歯周病になりやすい?

現在虫歯や歯周病になりやすいな?と思うことはありませんか?

特に、治療しても同じようなところが何度も虫歯になっている場合、歯ブラシが届いておらず磨き残しとなっている可能性が高いです。

虫歯に何度もなると歯を削る必要がありますし、歯周病はそのまま放置していると歯が抜け落ちてしまうこともあります。

そのため、普段の歯磨きで磨きにくい部分がある場合は歯列矯正を検討しても良いレベルと判断できます。

コンプレックスを持ってる?

歯並びの悪さや見た目に対するコンプレックスを持っていませんか?

歯並びの悪さは見た目の印象も悪くしてしまいます。

例えば、歯並びが悪くて歯がガタガタになっている人は人前でうまく話せなかったり、上手く笑えないというコンプレックスを持つ人が多いです。

それが原因でなかなか人とのコミュニケーションがとれずに、人間関係にも支障が出てしまうこともあるでしょう。

そのため、歯並びや見た目に関するコンプレックスを持っている人であれば、歯列矯正を検討して良いレベルと言えるでしょう。

噛み合わせに影響はない?

普段から噛みにくさや噛み合わせが悪く悩んでしまうことはありませんか?

噛み合わせに問題があると場合によっては頭痛や肩こりなどの身体の不調につながってしまうケースもあります。

このような場合は、歯列矯正を検討してみても良いでしょう。

生活に支障はある?

食事をしている時に咀嚼中に食べ物が口から出てしまう場合や、前歯が噛み合わない場合は歯列矯正がおすすめです。

また、すきっ歯や歯と歯の間から息が漏れて発音しにくい人は歯列矯正で改善できます。

歯並びの悪さで日常生活に支障が出ている場合は歯列矯正で悩みを解決したほうが良いでしょう。

歯列矯正で後悔しないためにはクリニック選びが大切!

歯列矯正 やめた方がいい

これまで、歯列矯正をやらなきゃよかったと言われる原因などについて紹介してきました。

歯列矯正は治療を行うクリニックの症例実績や経験などでも仕上がりが変わってきます。

また、歯列矯正は数十万円~100万円ほどの高額な治療費が必要になるため、後悔しないよう慎重なクリニック選びが大切です。

歯列矯正の治療が受けられるクリニックはたくさんあります。

症例実績や経験、口コミ、カウンセリング時の対応などを比較したうえで、自分が納得できるクリニックで治療を受けるようにしましょう。

ここでは、リーズナブルさや実績の多さ、目立ちにくさで人気のマウスピース矯正ブランドを紹介します。

キレイライン矯正

キレイライン矯正
出典:キレイライン矯正
※1 2017年6⽉〜2022年11⽉の契約者様の合計数
※2 デンタルローンを利用して7回コース(税込319,000円)を頭金なし・96回払いで支払う場合の手数料抜き・税別の分割支払金額です。
※2 一部クリニックはローン非対応。
※2 信販会社や手数料はクリニックにより異なります。

キレイライン矯正のおすすめポイント

  • 部分矯正だからこそリーズナブルな価格でできる
  • 透明なマウスピースなので目立ちにくい
  • 症例実績11万件以上※1で信頼度◎


※1 2017年6月〜2022年11月の契約者様の合計数
キレイライン矯正は、初回2万2000円(税込)からマウスピース矯正を始めることができます。

目安の費用も、17.6万円~46.2万円万円(税込)※3と歯列矯正の中ではリーズナブルな価格設定が魅力の歯列矯正ブランドです。

治療費用のリーズナブルさに加え、マウスピース素材へのこだわりや、歯列デザインへのこだわりも強く、初めての方でも納得して治療を開始できるのが特徴です。

症例実績が11万件以上あることも信頼できるポイントとなっています。(2017年6月〜2022年11月の合計契約者数)

提携クリニックは、全国100院以上となっているため比較的治療を受けやすいのも魅力的ですね。※2024年5月現在(最新の提携院情報は予約フォームよりご確認ください

また、料金にホワイトニング剤が1本以上※2含まれているのも人気の秘訣です。
※ 保険適用外の自由診療となります。
※2 アタッチメント(追加治療)との併用はできません。ホワイトニング剤の使用タイミングは歯科医師までご相談ください。
※2 16歳未満へのホワイトニングは推奨しておりません。そのため、年齢によってはホワイトニング剤のお渡しを控えさせていただく可能性があります。
※3 患者様の症状により、キレイライン以外の追加治療として片顎4万円(税込44,000円)の拡大床の併用やIPR、アタッチメントを歯科医師から推奨される場合があります。
※3 追加治療(拡大床、IPR、アタッチメントなど)には別途料金がかかります。これらはキレイライン矯正の一環ではなく、患者様のご要望や症状により歯科医師の判断のもと行われる「クリニックによる追加治療」です。詳細は、提携クリニックに直接ご確認ください。
※3 リテーナーは症状等により税込22,000~66,000円の別途費用がかかります。詳しくは提携クリニックにお問い合わせください。
※3 上記に記載している費用以外に、初回検診料3,300円(税込)~、および来院1回につき3,300円程度(税込)の再診料が別途発生します。金額は提携クリニックにより異なりますので、予約画面または通われるクリニックにご確認ください。

透明で目立たない!
ホワイトニングも同時にできるキレイライン矯正がおすすめ!

キレイライン矯正公式サイト
※1 2017年6⽉〜2022年11⽉の契約者様の合計数 ※2 デンタルローンを利用して7回コース(税込319,000円)を頭金なし・96回払いで支払う場合の手数料抜き・税別の分割支払金額です。 ※2 一部クリニックはローン非対応。 ※2 信販会社や手数料はクリニックにより異なります。 ※ ホワイトニング剤最低1本が料金に含まれています。 ※ アタッチメント(追加治療)との併用はできません。ホワイトニング剤の使用タイミングは歯科医師までご相談ください。

ゼニュム

歯科矯正やらなきゃよかった_ゼニュム
出典:ゼニュム

ゼニュムのおすすめポイント

  • 通院回数が少なくて済む
  • オンラインで無料診断ができる
  • マウスピース矯正をするか迷っている人におすすめ

ゼニュムは「Smile More」というブランドミッションのもと、2018年にシンガポールで設立された透明マウスピース矯正ブランドです。

すでに世界9拠点で展開しており、

  • LVMHと戦略的提携関係にある投資ファンド「Lキャタルトン(LCatterton)」
  • 世界最大規模のベンチャーキャピタル「Sequoia Capital」

などから総額5600万ドル(約61億3000万円)の資金を調達し、LinkedInによる「シンガポールのトップスタートアップ企業 2021」に選出されるなど、日本のみならず世界で注目されています。

まずはオンラインで無料診断をすることができ、診断結果を気軽に確認してからクリニックに行くことができるので『まだ、マウスピース矯正をする決断ができない、、、』という方にもおすすめです。

また、治療結果に満足できなかった場合は 、再診と追加のマウスピースを無料で受けることができます。

専任のカウンセラーが治療前後一貫して、手厚くサポートしてくれます。

Zenyum-公式オンライン予約

オンライン無料診断あり!通院回数は最小2回*!

ゼニュム公式
*精密検査1回、IPR1回(フィッティング時のみ)アタッチメントなしの場合

WE SMILE(ウィ・スマイル)

歯列矯正 やめた方がいい
出典:WE SMILE(ウィ・スマイル)

WE SMILEのおすすめポイント

  • 毎月の調整料金0円
  • 透明で目立たないマウスピースでつけやすい
  • 4回コースなら月額1,760円~で治療できる

WE SMILE(ウィ・スマイル)は目立たない透明のマウスピースを用いた歯列矯正クリニックです。

世界No.1シェアのインビザラインと世界No.2シェアのクリアコレクトのマウスピースを使用するので高品質。

1回お試しプランなら1,650円から試せますし、4回コースも1,760円~で治療を受けられるので試しやすいのも嬉しいポイントです。

もちろん取り外し可能なマウスピースなので大事なタイミングで見た目を気にする必要もありません。

色々と相談もできますので、まずは気軽に初回検診してみてはいかがでしょうか。

ホワイトライン

マウスピース矯正 失敗_ホワイトライン
出典:ホワイトライン

ホワイトラインのおすすめポイント

  • 完全国内生産の高品質なマウスピースで矯正できる
  • お試しの利用ができる
  • 月額3,000円〜マウスピース矯正ができる

より早く、より良い品質で、より安くを実現したのがホワイトラインです。

それでいて、マウスピースは完全国内生産となっており、安心して矯正することが可能です。

やはり、口に長い間入れておくものです。

国内生産の安心感は、品質面だけでなく衛生面でも安心材料と言えるでしょう。

また、費用面でも、デンタルローンをご利用で月額3000円〜マウスピース矯正を始めることができるのも、おすすめのポイントです。

hanaravi

歯列矯正 やめた方がいい
出典:hanaravi

hanaraviのおすすめポイント

  • 月々4,700円~でマウスピース矯正ができ、追加料金ナシ
  • 万が一効果が無い場合は全額返金保証も
  • 通院いらずでマウスピースが自宅に届く

hanaraviは矯正中に毎回通院しなくてもOKなマウスピース矯正。

マウスピースが自宅に配送され、経過観察をスマホでクリニックに送るだけで通院の手間を省くことができます。

もちろん利便性の高さだけでなく矯正技術も好評なクリニックで、メディアにも多数紹介されています。

費用面も手ごろで、初回のカウンセリング時にどのように矯正していくか、総額いくらなのかも明確になるので安心して治療が受けられます。

総評して、通院する時間の確保が難しい方には特におすすめできるマウスピース矯正です。

hanaravi矯正公式サイト

マウスピース矯正ローコスト

歯列矯正 やめた方がいい
出典:マウスピース矯正ローコスト

マウスピース矯正ローコストは、マウスピース矯正の症例実績810件以上の実績のある監修医師によって、自社に所属する国家資格を持つ技工士に指導、教育を行い、治療プランが作られている、マウスピース矯正です。

全国に300以上の提携クリニックがあり、都内でなくてもハイクオリティな治療プランを受けることができるのが魅力です。

また、対応できる歯並びの網羅性も広く『できるだけコストを抑えて、本格的な治療を受けたい』などコスパを求める方におすすめです。

歯列矯正 やめたほうがいいのQ&A

歯列矯正 やめた方がいい

最後に、歯列矯正 やめたほうがいいに関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

歯列矯正でブサイクになった原因は?

歯列矯正でブサイクになる原因は主に歯列の変形に伴う皮膚のたるみや筋肉の衰え、ほうれい線の目立ちなどです。

歯列矯正で実際にブサイクになったと感じた人が実際にいることは事実です。

ですが、基本的には経験と知識が豊富な歯科医の治療を受けて、医師の指示をしっかりと守って生活していれば不安に感じる必要はありません。

また、治療前のカウンセリングで仕上がりの希望をしっかりと歯科医に伝えることも大切です。

大人の歯列矯正は危険って本当?

しっかりとリスクを理解したうえで行うのであれば、大人になってからの歯列矯正は危険ではありません。

実際に大人になってから歯列矯正をする人は多いです。

しかし、大人になると仕事や家事、育児で自分の時間をとることが難しく、なかなか通院ができずに治療が長引いてしまうこともあるため注意が必要です。

歯列矯正が必要ない人はどんな人?

そもそも歯並びや噛み合わせに関する悩みやコンプレックスがない人は歯列矯正をする必要はありません。

ですが、歯の大きさや本数を減らして小顔になりたいと考える人もいますので、そのような場合は歯列矯正ではなく他の治療をするのがおすすめです。

歯列矯正をしたほうがいい人はどんな人?

歯列矯正をしたほうがいい人は歯並びや嚙み合わせで悩みやコンプレックスを持っている人、虫歯や歯周病が気になる人、美人になりたい人などです。

歯並びが良いと相手に清潔感を感じさせたりなどの好印象を与えることができます。

子供で歯列矯正はやめたほうがいいのはどんなケース?

子供の歯列矯正を考えている人は、できるだけ早急に歯科医院に相談をしたほうが良いです。

子供の歯は大人よりも柔らかく、歯が動きやすい時期に歯列矯正をすることでキレイな歯並びをキープすることができます。

しかし、子供自身が歯列矯正に対して抵抗があると途中で治療をやめざるを得ないケースも多いため、子供が歯列矯正を希望していない場合や、嫌がる場合は無理に歯列矯正はしない方が良いでしょう。

どうしても子供の歯列矯正をしたい場合は、子供がしっかりと治療、通院できる環境を整えてあげることが大切です。

歯列矯正 やめたほうがいいのまとめ

歯列矯正 やめたほうがいい まとめ (1)

今回は歯列矯正はやめたほうがいいと言われる理由や失敗例、失敗しないための対策などについて詳しく紹介してきました。

歯列矯正は費用も高く、治療期間も長いため自分の納得がいかない仕上がりになってしまうとショックは非常に大きいです。

歯列矯正はそもそも歯並びや嚙み合わせの改善ができるなどのメリットがある治療法ですが、中には治療をして後悔している人がいることも事実です。

歯列矯正は途中から通院しなくなったり、決められた時間矯正装置を装着しなかったりすると、効果が薄れるだけでなくせっかく整えた歯が元に戻ってしまうこともあります。

そのため、歯列矯正の治療をする時は治療期間が長くなることは覚悟して、医師の指示に従って治療することが大切です。

また、後悔しないためには治療を受けるクリニック選びも重要なポイントとなりますので、まずはクリニックで相談してみてはいかがでしょうか。

厚生労働省、消費者庁、国民生活センターによる美容医療の注意喚起

美容医療を受ける前に確認すべきこと

※本記事では、厚生労働省の「医療広告ガイドライン」を遵守して作成しています。